社内イベント:上級管理職向けの研修レポート

CHROの松本です。今回は、部長・室長向けに実施した研修の紹介です。

JMDCでは、まだまだ、大企業のように体系だった研修は十分でなく、整備中なのですが、今後の会社としての成長に向けた重要な取り組みの第一歩として、管理職向けに半年間のプログラムで研修を実施しました。

ベンチャー/成長企業の研修に特化した株式会社JAMにお願いし、代表取締役社長の水谷さん自ら講師をしていただきました。私も可能な限り傍聴させていただきましたが、組織を率い、メンバーを育成するために必要な要素を非常にシンプルかつ明確に体系化して教えて下さり、参加者も学びが多かったと思います。

今回は、マーケティング部の部長(元JMDC子会社社長)に、受講した感想・学びを紹介していただきます。

 

研修の目的:育成力を育成する

研修の目的の背景として、JMDCも事業が大きく拡大する中で、新たな仲間が日々増えているということがあります。新たな仲間にしっかりと活躍していただくためには、育成がとても重要であり、育成する立場の管理職に対して、部下の育成を行うための研修を行い、組織力を向上させていくということがあります。

f:id:jmdcinc:20191002134916j:plain

研修を受けての感想

管理職研修を受けての率直の感想は、受けてとても良かったということです。というのも、私は、管理職になって8年ほどたちますが、学生時代の部活や研究室などでのリーダーの経験を参考にしたり、尊敬する上司のマネジメント方法を真似たりして、自分なりの部下のマネジメント方法を培ってきました。言葉良くいうと叩き上げの現場感のあるマネジメントですが、言葉悪く言うと、理論にもとづいていない、無手勝流でした。

今回の研修は、日頃のマネジメントでの多くの悩みを、心理学や経営学に基づいた理論とケーススタディにより身に着ける、有用な場でした。ここからは、具体的に研修で私が印象に残った2つの内容をご紹介したいと思います。

学び1.部下の承認手法とテクニックについて

承認というとちょっと難しく聞こえるかもしれませんが、簡単に言うと部下を認めるということです。研修では、部下を認めるための2つの手法を学びました。

1つは、成果承認です。これは、いわゆる部下の成果について、「よく頑張ったね!」と認める行為で、皆さんも想像しやすいと思います。

もう1つが、存在承認です。これは、私が成果承認よりも大切だなと感じ、目から鱗でした。例えば、朝必ず挨拶をするとか、その人の家族を気遣ったり、体をいたわったりなど、その人の直接仕事とは関係ない人としての部分をしっかりと認めるということがそれに当たります。また、ちょっと部下から答え辛い質問などがあった場合にも、「質問ありがとうございます。もう少し考えて、明日相談させてくださいね。」など、タイムリーに回答し、部下が自分の意見を認めてもらったということを、結論を出さなくても感じてもらうということも存在承認になります。

人として当たり前の行いだと思いますが、改めて学ぶと、管理職として成長していくためには、しっかりと人間的にも成長していかないといけないと改めて感じた内容でした。

学び2. 葛藤をandで受け入れる

管理職となると、短期業績と中期業績をandで達成しなくてはならないなど、相反することを両方引き受けて、実現へ向けて尽力することが求められるという研修です。

私の受け持つマーケティング部は、会社の中長期の製品サービスや戦略立案を行う部門ですが、既存事業部との信頼関係や販売促進を行う上で、短期の施策にもしっかりとコミットしていくことが求められます。ここに関しては、どちらかだけやるというシンプルな切り分けでは、企業の中長期の発展は実現できないため、葛藤しながらも日々メンバーとすりあわせながら、短期と中長期両方の目線で組織運営が求められます。

そのような葛藤が、組織運営では常につきものであり、それを乗り越えていくことが組織長には課せられているのだということを学べたことは、自分の悩みが当たり前なことなんだという、ある種の安心感となりました。また、今後とも葛藤を受け入れ、継続的にチャレンジし続けようという決意につながりました。

 

f:id:jmdcinc:20191002134848j:plain

 

社内イベント:BBQのレポート

9月7日(土) まさかの快晴

今年もやって参りました、年に1度のBBQイベント!
例年天気に恵まれず雨風でてんやわんやのイベントですが、今年は何が起こったのか?というほどの晴天に恵まれました。

f:id:jmdcinc:20190924164318j:plain

場所は新木場駅からほど近い「都立新木場公園バーベキュー広場」です。参加者は大人30名、子供4名と多数の方にご参加頂けました!

 

ここで予想外なことが・・・

普段快晴に恵まれないため暑さ対策グッズをあまり持ち込まず、気温37度の中汗だくのBBQとなりました。

f:id:jmdcinc:20190924164404j:plain

 

いざ肉を焼く

毎年の行事なので炭火の着火も慣れたものです。

f:id:jmdcinc:20190924164122j:plain

本イベント、会社から軍資金(※)をたっぷり頂いての開催なので普段見向きもしない?良いお肉を大量購入!
(※クラブ活動の補助金対象になっています。)

f:id:jmdcinc:20190924164125j:plain

 

もちろん、健康志向の会社なので野菜も魚介もたっぷり購入していますよ!

f:id:jmdcinc:20190924164128j:plain

 

みんな汗だくになりながら焼いては食う!

 

燻製たまごも作ったりして意外と本格的!?

f:id:jmdcinc:20190924164650j:plain

 

会長もご満悦☆
※一番右が会長

f:id:jmdcinc:20190924165036j:plain

締めは当然デザート!焼きりんごです。

f:id:jmdcinc:20190924165232j:plain

 

暑すぎるほどの良いお天気に恵まれ、楽しい1日を過ごせ大満足!みんなで焼いたお肉は美味しかった~。結束も強まり楽しいBBQとなりました!

 

f:id:jmdcinc:20190924164203j:plain

元気いっぱいなお子様たちは写真撮影中も走り回っていました。

また来年も(会社補助のもと)やりたいです。

 

続きを読む

社員インタビュー:コンサルティング営業(製薬企業向け)

f:id:jmdcinc:20190920124917j:plain

JMDCに入社したきっかけを教えて下さい

ビビビッ!と運命を感じたのが一番の理由です(笑)。

大学時代にECビジネスをし、卒業後は人材紹介の営業を経てMRになりました。当時、私がMRとして所属した企業は、新薬も多くパイプラインもとても強い刺激的な環境でした。勉強することも多いがその分やりがいもあり、毎日とても楽しく仕事をしていました。そんな中、5年経過すると当時の新薬も浸透してきて、新たな刺激を感じられなくなりました。自分の中で「チャレンジ」より「守り」の業務が多くなった気がしてしまったんですね。それから数年後、地方への異動が決定したので、気持ちにピリオドを打って、次にチャレンジすることにしました。これまでの経験を活かして「医療×IT」の企業に入社したいという思いを持ち続けていたので、エージェントからJMDCを紹介されたときは、ここだ!!!と感じました。

面接で話を聞いて、自身の経験と個人的に興味があり勉強をしてきた統計知識をフルに活かして新しいことに挑戦が出来る企業だと確信し、入社に至っています。

JMDCに入社してみていかがでしたか?

大げさかもしれませんが、毎日が楽しすぎます。

部署のリーダーが無駄に時間を費やすことを好まないので、目的が定かでない長い拘束時間の会議もなくて業務に集中できることがありがたいです。そして会長や社長を含めた上の人たちとの距離が近いので、事業に対する思いや理念を同行時に直接聞ける機会は、これまでの大企業ではなかったのでとても新鮮です。

クライアントである製薬企業とは、厳しい上下関係というより、共にベストなデータを作り上げていくパートナーのようなお付き合いをしていただけているのも嬉しいです。そんなクライアントの要望に応えるべく、データをどのように定義するか試行錯誤するための学びも新しい発見がありやりがいを感じます。

あえてマイナスポイントを言うならば、「座学で知識をしっかり詰め込んで、あとはこのポイントを押さえておけばいい」ということがないので、受け身で仕事をすると自分が辛くなります。新しいこと・レベルアップすることが好きで探求心が強い方には適職だと思います。

今後どんなことをやっていきたいですか?

色々やりたいですね。

JMDCは様々な医療データを持っているので、いつかは新しいことをゼロから?イチから?作ることに関わることが出来ればいいなと思っています。あと、個人的に株が好きなので、この知識を活かしたいですね。個人投資家がどういうところを求めて、どういう評価をしているか等。JMDCが上場したらIR活動にも関ってみたいです。

f:id:jmdcinc:20190920125412j:plain

ブログを読んでいる方に伝えたいことをどうぞ!

この会社は、女性が活躍していると感じました。キーマンに女性が多いんです。トップセールスや解析のプロが女性なので、働きやすい職場であることは間違いないと思います。もちろん、女性だけでなく、数理やエンジニアで卓越した男性方が社内にいることも魅力的です。

業務は単純な仕事ではなく、奥が深いからこそ、たくさん勉強することによりスキルアップして、自分の価値があがっていくのも感じられます。その勉強の成果で、クライアントが困っていることを助けられ、一緒に仕事を作っていくという過程は営業としての醍醐味です。

やりたい!って手を上げるとチャレンジできるので、何かにチャレンジしたらまたインタビュー記事に掲載してもらいます。

 

インタビューイー:メディカルファーママネジメント部所属

株式会社JMDCでは一緒に働く仲間を募集しています

お知らせ:Looker User Meetup #2で登壇してきました

社長室でエンジニアの小森谷です。

最近弊社で利用しているBIツール「Looker」のUser会に登壇してきました。

会場はPixivさんで、かなりオシャレなオフィスでした。ご提供ありがとうございました。 

 

looker-japan-user-group.connpass.com

 

発表資料はこちらです。

 

speakerdeck.com

 

Lookerを医療業界で展開進めている弊社の事例、課題、TIPSなどについてまとめてみました。

 

Pixiv高橋さんの発表

とても丁寧に社内への普及を進めていて、ドキュメントの整備が素晴らしかったです。

www.slideshare.net

 

メルペイ Hasegawaさんの発表

大規模組織での導入や方針の決め方などとても参考になります。

speakerdeck.com

 

Looker Mizunoさんの発表

Lookerの次のバージョンの新機能や海外の大規模な導入事例など盛りだくさんな内容。

資料は参加者のみになってしまうため今後のリリース情報などに期待です。

 

まとめ

  • Pixivさん、メルペイさんという勢いのあるサービスの方々と一緒に登壇させていただきすごい勉強になりました。
  • データ企業としてもっとLookerを活用させていきたい。
  • 弊社でもこういった技術勉強会を開催できるように挑戦して行く。

 

おみやげ

Lookerタンブラーいただきました。

f:id:jmdcinc:20190910151705j:plain

 

お知らせ:会社説明資料の公開への思い

今年の7月にCHRO(Chief Human Resource Officer)に就任した松本です。

 

JMDCでは「健康で豊かな人生をすべての人に」のビジョンのもと、

世の中へのインパクトをより一層力強くしてくために、

一緒に成長していっていただけるメンバーを絶賛募集しています。

 

でも、採用を進めていく上で、JMDCの認知を上げていくが難しい。

そもそもまだ露出や規模が不十分なので仕方ないことも大きいですが

どうしても、BtoBのビジネスだし、抽象的な商品を取り扱っているので、

会社のHPだけだと、正直、何をやっている会社か伝わらない。

 

手前味噌ながら、とてもユニークで強固なビジネスモデルを構築しているし、

今後の展開や将来性もとてもあるし、社員の雰囲気も非常に良いんです。

応募者の方に、カジュアル面談や面接に来て話を聞いていただけると、

ほぼ皆さん、志望度が高まっていきます。

 

なので、カジュアル面談や面接に来るハードルを下げるために、会社説明の資料を作成しました。

とはいえ、表現しきれていない点も多くて、これだけだと伝えきれない想いがまだまだあります。見ていただいて興味を持ってもらえたら、ぜひ、一度会社に来てください。実際にお会いして話しながら、会社や事業の魅力をお伝えできればと思います。

 

こちらをクリックいただいても御覧いただけます。

 

ちなみに、現在、行動規範のブラッシュアップや人事制度の改定なども実施しており、

こちらも整い次第、HPや資料に盛り込んで行く予定です。

社長からのメッセージ

f:id:jmdcinc:20190902124040j:plain


【松島 陽介・略歴】

生命保険、戦略コンサルティングプライベート・エクイティノーリツ鋼機株式会社の取締役副社長等を経て、2018年より弊社の代表取締役社長に就任。国内有数のAIベンチャー社外取締役も務める。

 

「健康で豊かな人生をすべての人に」というビジョンに込めた想い

これまで日本の医療制度は世界に誇れるものとして、皆保険やフリーアクセスにより手軽で質の高い医療が提供され、これによりWHO加盟国の中で最長寿となるなど素晴らしい社会が実現されてきました。

しかしながら他方では、団塊世代後期高齢者となる2025年問題などの医療費の高騰の歯止めが利かない状況が深刻化しており、このままではこの優れた制度の恩恵を子供たちの世代に引き継ぐことができない、そうした強い危機感が社会全体に生じてきています。

我々にできることは何か?どうすれば次の世代にも健康で豊かな社会を実現することができるのか?

社会生活者の方々の貴重なデータをお預かりする立場として、データの力を最大化し、この課題に向き合い持続可能な医療制度の実現を目指していく。

その決意と責任を我々のビジョンに込めています。

 

JMDCの今後の展望

JMDCの持つデータは、ユニーク数で1000万人規模の母集団形成を視野に入れています。ただ、この母集団1000万人という数字は、今はただデータの量を示す数字にすぎません。

今後、この母集団の1人1人とICTでつながりその方々の健康状態やライフスタイルに合った健康増進および重症化予防の解決策の提案を加速し、医療費健全化を具体的に進めてまいります。

 

期待する人物像

我々のビジョンへ共感していただける事が前提となりますが、その上で、
・データの持つ可能性を追求してゆける人
・データの品質を高めるための業務を実直に行える人
・データからその本質を誠実に見極めようとする人
・社会に起きている現実を捉え大きな視点をもってあるべきを描くことができる人
・そしてなによりも、人や事業が好きで楽しく仕事に取り組める人
これらが当てはまる方に、ぜひ入社していただきたいと思います。

 

 

次にご紹介したい当社メンバー

学生時代に司法試験に合格し、大学卒業後戦略コンサルティングで事業を学び、その後事業会社に身を転じ、M&Aを約20社経験。30歳そこそこで一部上場企業のCFOとなった後は、国内企業最速で国際会計基準IFRS)に変更を果たし、数百億円のファイナンスディールをまとめ、IRにおいても世界中の投資家と議論を重ね株価を数倍に高めた、リーガル・事業・M&Aファイナンス・IRに精通した国内最強若手CFOとの呼び声高い「やまげん」こと山元雄太を紹介します。

社員インタビュー:アプリケーションエンジニア

f:id:jmdcinc:20190821195609j:plain

JMDCに入社したきっかけを教えて下さい

自分は新卒で独立系SIerに入社後、ずっと同じ現場に常駐していました。 色々な作業を任せてもらえましたし、居心地もすごくよかった。ただ常駐先の業界の景気が悪化して、どんどん内向きになってきてしまって……。

また、いわゆる要件定義は常駐先の社員さんがやる決まりで、それ以上のことはなかなか任せてもらえない。 ずっとここでプログラマーをしていていいのだろうか? という悩みが常にありました。

それで、自社サービスを扱っていて、なおかつ成長中の業界ということに魅力を感じてJMDCに入社しました。入ってみて感じたことは、やっぱり常駐先の人に気兼ねなく働けるというのはいいものだなと。 また、共通の問題を協力して解決しようという意識が自然にもてる方ばかりなので、前職と違って困ったとき回りに頼れる安心感があります。

 

現在どんな仕事を担当されていますか?

現在は小規模チームの一員として、あるサービスの移行対応を手がけています。

今まではインフラのことはインフラチームにお任せでよかったのですが、今はサーバの調達のようなことも自チームのタスクになるので新鮮です。

自力でやらなければいけないことが増えて大変ですが、自然と周辺領域にも手を伸ばして成長することができる感じがします。

それはプログラムに限らず、入社後すぐにBIツールに関して勉強させていただく機会にも恵まれました。

今は先進的な技術を取り入れようという動きが社内で活発で、周囲の方も含めて今までの業務範囲とは別の領域のことを学ぶケースが増えているようです。

 

f:id:jmdcinc:20190821195549j:plain

今後はどういった事をやっていきたいですか?

JMDCの属している医療に関するデータ分析というのは、変化が激しい成長業界です。

そんな環境についていけるように改善したり、同業他社に負けないような新規機能を付け足したりするなど、自分の担当プロダクトをさらによくしていきたいと思っています。

そのためにも、目の前の移行対応を早く、ミスのない形で終わらせたいですね。

また、自分個人としては、医療やレセプトの知識が不足していると感じることが今は多いです。技術の向上だけ目指すのではなく、業務知識をベースに機能や仕様の提案などもできるようになれればと思います。

 

インタビューイー:データウェアハウス部所属

Copyright © JMDC Inc. All Rights Reserved.