JMDC社員の1日:コンサルティング営業(製薬企業向け)編

JMDCに興味を持ってくださる方から「フレックス勤務と書いてあるけど、本当に利用出来るのか?」という質問をいただくことがあります。業務内容、将来のキャリア、お給料と同じくらい、1日の働き方も気になりますよね。

今回は、先日インタビューに答えてくれた製薬企業向け営業の1日をご紹介します。

 

8:00 1日の動き方確認(自宅)

1日のスケジュールを確認し、動き方をイメージ。この日は、クライアントへの訪問が2件入っていたため、少し忙しめ。(平均すると1日1件程度)

10:00 出社

JMDCはフレックス制度があり11:00までに出社すればOK。名ばかりフレックスとは違い実際にMPM*1では9:30~10:30に出社する人が多いです。
普段も10:00くらいに出社をしていますが、大きな利点として満員電車に乗らなくて済みます。仕事初めに無駄な体力消耗をしなくて済むのは本当に良い点。

10:00~12:00 内勤

主な内勤業務としては下記になります。
・クライアント対応(メール・電話)
・見積書・発注書などの書類、契約書関連
・分析案件の定義書の作成
・クライアントとの打ち合わせ準備

この中で特に作業ボリュームが大きいものが分析案件の定義書の作成になります。
複雑なものだと定義書の作成に数時間かかることも珍しくなく、作成後もロジックに間違いがないか抽出グループ(営業とは別のデータ抽出専門のチーム)とすり合わせを行い、確認していきます。

12:00~13:00 ランチ

f:id:jmdcinc:20191106113440p:plain

僕は食事が好きなのでよほどのことがない限り、外にランチに行きます。

よく行くお気に入りのお店では鳥肉の煮込み料理を食べます。鳥皮を除いてくれるのでヘルシーに食べられます。会社近くの大門・浜松町やクライアント近くの日本橋付近でランチすることが多いですが美味しいお店が多く楽しみの一つです。

13:00~14:00 内勤

午前中の作業の続きを終わらせ、精算等の処理を行います。

14:00~14:30 上司との1on1会議

f:id:jmdcinc:20191106113554p:plain


定期的に現状の案件の進捗などについて共有します。この日は案件以外にもデータベース調査の他社動向などについても情報共有しました。

15:30~16:30 クライアントとの打ち合わせ(データの契約更新)

この日は年間契約していただいているデータの契約更新に関してクライアントと契約内容の見直しと相談。打ち合わせの内容で多いものは下記になります。

・導入ウェブツールの操作説明会や疑問点解決
・個別分析案件の相談、定義打ち合わせ
・新規データベース・ウェブツール提案
・データベース研究の問い合わせ

16:30~17:00 カフェで打ち合わせ準備

JMDCでは、一定の条件を満たせば、業務上利用したカフェ代が支給されるのでアポイントの合間などはカフェで仕事をすることが多いです。自身のスケジュールでアポの前に早めにカフェに入って準備をしたり、合間の時間も有意義に使えます。

17:00~19:00クライアントとの打ち合わせ(新規案件相談)

新規顧客からメールで相談があり事前にN数調査を実施。
打ち合わせでは実際に顧客がしたい分析の内容を確認しJMDCデータベースを使ってできることを紹介。この日は3つの分析が具体的に進捗することになりました。
顧客が必要な情報に合わせて分析方法やアウトプットを作っていくので担当によって十人十色やり方が違うのもこの仕事の面白いところだと思います。

19:00 クライアント先から帰宅(移動中)

帰宅中、クライアントとの打ち合わせの間に来ていたメールをチェックし、急ぎの対応が必要無いことを確認して、本日終了。

オフの過ごし方

基本的に平日と同じような時間軸で過ごすように気を付けています。
毎週のルーチンとしてウェイトトレーニングと上場企業のその週の決算情報や開示のチェックは必ず行っています。
それ以外だと映画に行ったり、美味しいお店を探しに行ったりします。
これからの時期は温泉なども最高ですね。
僕は3月にJMDCに入社しましたが仕事・プライベート共に非常に充実した毎日を送ることができています。

 

インタビューイー:メディカルファーママネジメント部所属

株式会社JMDCでは一緒に働く仲間を募集しています

*1:MPM=メディカルファーママネジメント部。製薬企業向けの業務を行う部署。

副社長CFOからのメッセージ

f:id:jmdcinc:20191101163653j:plain

【山元 雄太・略歴】

京都大学法学部卒業後、ボストンコンサルティンググループ入社。司法修習を経て、2012年よりノーリツ鋼機グループ参画し、2015年にノーリツ鋼機の取締役CFOに就任。2013年に当社取締役、2019年に当社CFOに就任。

 

 

社長の松島からバトンを渡されてから2か月、このブログに書く文章を考え続けておりましたCFOの山元です。
JMDCのいいところを3つ挙げるという普通のテーマで書きたいと思います。

 

1.事業が社会課題の解決と直結


当社が取り組んでいるのは世界最先端の超高齢化社会への対応です。中でも医療費の増大という社会構造にかかわる問題の解決に向けて、データとテクノロジーを活用した医療の高度化、効率化に貢献することを目標としております。
個人の健康状態や病歴が一元管理されていてそのデータをもとに人間とAIエンジンが最適治療を導き出す世界や、DNAやバイタルデータが管理されていて疾病に至る前に食事や運動などの予防活動が提案され、実際に予防ができると医療費の抑制に貢献したことが評価される世界は、誰もが納得のいく未来像ではないでしょうか。
その前段階でも、当社が主に取り扱っているレセプトデータや健康診断データにゲノムデータやバイタルデータが組み合わさると、健康状態に関するインプットとアウトプットの関係がより解明されることになり、より個別化したより効率のよい健康改善策を生み出せるかもしれません。

 

2.多種多様なハードルとチャレンジ


音楽をオンラインでやりとりをするニーズは、以前は Napsterのようなファイル交換ソフトによる違法ダウンロードが中心で、これはユーザーにとって危険で、かつ、著作権者の権利を害するものでしたが、iPodiTunesによって合法化され、さらにSpotifyのような定額ストリーミングに至ってます。
また、世界中の人たちとつながるニーズは、ミクシィのように匿名のSNSが主流でしたが、実名登録のメリットがデメリットを上回った結果、リアルの世界ともつながる実名SNSFacebook)に結実しました。
同様に、当社が思い描く未来を実現するにも、個人情報保護、医療過誤責任の所在、既存のオペレーションとの整合性など、 医療という細心の注意が必要な分野ならではのたくさんのハードルにぶつかり、当社自身やサービスの進化が必要でしょう。
そんなチャレンジを繰り返した先に、どんな会社になるのか、どんなサービスが作れるのか、楽しみだと思いませんか。

 

3.歴史と仲間


当社はレセプトデータの電子化が急速に進む2008年からさかのぼること6年、2002年からレセプトのデータベース化に取り組んできました。
すでにためてきたデータベース化ノウハウやデータ自体はそう簡単に作ることができるものではありません。
また、当社グループには、ドクターネットやチームユニケ(ユニケソフトウェアリサーチ)という医療における現場力をもった心強い仲間がいます。
ドクターネットは、遠隔画像診断という放射線科専門医と医療機関をつなくクラウドソーシングを行っております。繊細な診療行為の中にITサービスを提供している特異なケイパビリティを持つ会社です。
チームユニケは、調剤薬局に業務システムを提供しております。自社でも薬局運営を行い、 薬局と患者のためにユニークかつ行き届いた新しいサービスを生み出すことができる会社です。
このように、当社は歴史と仲間という心強い武器とともに事業を行っています。

 

 

次にご紹介したい当社メンバー


次に紹介したいのは、前回同様承諾をとっておりませんが、COOの杉田です。
杉田は、東京大学医学部卒の天才でイケメン、本当に病気に悩む人に寄り添うサービス「クリンタル」を生み出したやさしい起業家、みんなが嫉妬する杉田をご紹介させていただきます。

 

社員インタビュー:コンサルティング営業 マネージャー(製薬企業向け)

f:id:jmdcinc:20191030132407j:plain

JMDCに入社したきっかけを教えて下さい

 自分の発言がトップに届く距離間と 医療×ビッグデータという自分にとって未知の世界への好奇心が決め手でした。

大学院卒業後からずっと医療系に携わりたい思いで初めて入った企業では、なんと車載エンジン開発プロジェクトに配属になりました。「えー!こんなはずじゃなかった」とは思いましたが、「3年は必死に頑張ろう」と思って通信テストツールの構築に従事しました。その後は念願の医療系。病院経営改善のコンサルにて、地方の赤字病院の再生プロジェクトに携わりました。1社目は社員数が万単位の巨大企業でしたが、2社目はたった6人。入社一年目で私以外のコンサルタントがみんな転職するという話が出て、私も再度転職活動を開始しました。転職軸は昔からぶれないで「医療系」、そしてよりチャレンジが求められる「成長産業」と決まっていたので、数社から話を聞きました。その中でも、医療ビッグデータの業界トップであり、急成長しているJMDCに惹かれました。他社とも正直迷いましたが、医療×ビッグデータという新しい世界への好奇心と、入社前にわざわざ当時の経営陣が時間を作ってくれ、労働環境や給与など突っ込んだ質問に丁寧に答えてくれた姿勢に誠実さを感じ、入社を決めました。

余談ですが入社後に採用理由を聞いたら、「根性ありそうだから」というものすごい体育会系部活みたいな回答が返ってきました(笑)。前職では超長時間労働だったので無意識にその雰囲気を醸し出してたのかもしれません、と思うことにします。 

JMDCに入社してみていかがでしたか?

営業職未経験、製薬業界の知識もゼロで入社したので、分からないところも分からない状況からのスタートでした。それでも先輩たちの背中を見て、色々とサポートも頂き、少しずつ仕事を覚えていきました。小さい組織なので、通常の営業業務からセミナー企画、製品サポート、分析定義書の作成まで、業務の幅が広く大変でしたが、自分で試行錯誤して考えて、意見も出来る環境であったことに何より面白さを感じました。たくさん失敗しましたし(今でもよくしますが)、自分の裁量が大きい分、色々なことにチャレンジできていつも新しい発見があり、とてもやりがいを感じています。 

マネージャーになってどうですか?(2019年4月に昇格)

これまでの職歴の中で、管理職はもちろんリーダーの経験もなく、よく考えたら後輩を指導したことすらなくて、「よいマネージャーとはどういうものなのか」と今も手探りの状態です。人に教えると、自分が分かっていないことが浮き彫りになってくるのを感じています。さらに、中長期の売上UPのためにチームをどうまとめて動かすかなど、担当者の時とは違う視点も持つ必要があるので、新人の頃より、今はもっと勉強している日々です。

f:id:jmdcinc:20191030132410j:plain

今後どんなことをやっていきたいですか?

マネージャーというポジションを任せていただいたので、チームメンバー(これから入ってくる新入社員も今いるメンバーも)が個人としても、チームとしても、①育つ、②定着する、③働きやすい、環境を作っていきたいです。特に新入社員に対しては、ジェネラルに一定の知識が持てるようなマニュアルや教育システムも整備したいです。

売上UPも重要ミッションなので、「JMDCのデータがないと業務が進まないよね」とクライアントに言ってもらえるように市場拡大のチャンスをしっかり獲得していきます。保険者以外のデータベースも増えてきているので、新しいサービス展開を考え中です。海外営業にも力を入れたいです。

プライベートでは体を動かすことが好きなので、フットサル、バドミントンを続けたいです。ゴルフにもチャレンジしたいです。

  

インタビューイー:メディカルファーママネジメント部 マネージャー

経営理念・ミッション・バリュー

CHROの松本です。このたび、JMDCとして従来から変わらない経営理念に加えて、ミッション・バリューをリニューアルしましたので公開いたします。

リニューアルの検討から半年ほど議論を重ねて、やっと今後のJMDCの軸を形成していく価値観を表現できたと思っています。

 

 

 

まだ間に合っていませんが、JMDCのホームページもこちらの経営理念・ミッション・バリューを元に刷新していきます。

 

これらの経営理念・ミッション・バリューに共感いただける方、ぜひ門戸を叩いていただき、一緒に働きましょう!!!

 

※11/22 追記

 経営理念・ミッション・バリューに関して少し修正が入りましたので、更新しています。

 JMDCのホームページもリニューアルされ、公開されました!

 

社員インタビュー:新規事業企画職

 

f:id:jmdcinc:20191016114836j:plain

JMDCに入社を決めた理由を教えて下さい

私、研究と伝えることが好きなんだと思います。

1社目の臨床検査薬の研究開発職時代に、中学校で実験科学教室を担当したことがありました。その際、子供たちに実験を通じて未知のこと明らかにする楽しさや、その実験が薬の開発にどのように役立つのかを伝えたことがきっかけで、研究の魅力を伝える楽しさに目覚めました。その後科学館に転職して、科学コミュニケーター(未来のために科学技術をどう使うか来館者と議論する場をつくる仕事)を経験したことで、医療分野の課題解決に向けた社会の仕組みづくりをしたいという思いが強くなりました。その後、健康サポート薬局向けの生活習慣改善プログラム雑誌の企画~執筆等の情報を発信する業務にしばらく携わり、転職先を探していたところ、JMDCのことを知りました。 ビッグデータの企業は多くありますが、その中でもJMDCは最大級の医療ビッグデータ保有しており、製薬などの産業界、アカデミア、自治体など様々な業界と関連し、医療社会へのインパクトが大きいことを感じました。さらに、「健康年齢」など一般の方が理解しやすい指標を出していることも好印象でした。あと、面接時に「一緒に働くメンバーに女性がいるよ」と教えてもらい、彼女から話を聞けたことにより、ここで仕事をしているイメージがつきやすくなったことも決め手だったかもしれません。

JMDCに入社してみていかがでしたか?

フレックス制度によって、自分の体調や生活リズムに合わせて仕事ができ、とてもありがたいです。毎日何時までに出勤しないといけないというストレスからは解放されました。また、私の所属する事業開発部は個性豊かで、和気あいあいとしています。会社としてクラブ活動やイベントも頻繁にあるので、グループを超えて交流ができるのもとても楽しいです。

一見強面の社長がイベント時には、みんなにいじられキャラになることが入社後の驚きでした(笑)。

 

今、どんな業務をやっていますか?

クリニックの診療の質を見える化をするアプリケーション「ぷらさぽ®」の企画開発、顧客向け診療の質指標(Quality Indicator;以下QI)および経営指標のレポート作成、日本の医療実態を伝えるメルマガ作成、顧客訪問サポート、営業、学会展示の作成、広告チラシ作成、など幅広くやっています。システム系以外は何でもやります。

医師は一人ひとりの患者さんに向き合っていますが、クリニック全体の診療の質はほとんど把握できていないのが現状です。それは、院内データを集計することは煩雑で時間がかかる作業だからです。ぷらさぽ®は院内データを連結して様々な条件で集計し、診療の質を数値として把握できるQIレポートをクリニックへ提供しています。QIの例としては、「糖尿病患者でHbA1cを7.0%未満に管理できている患者割合」などの慢性疾患の指標や、「多剤併用状況」や「風邪患者における抗菌薬の処方割合」など、社会的関心の高いテーマの指標などがあります。

また、自院のQIと、ぷらさぽ®を導入している施設全体のQIを比較することもできます。ただし、患者の検査値などは通院している患者の背景や疾患、服薬状況、生活習慣などの影響を受けるため、あくまでも参考値として提示しています。

まずは自院の課題が見えること。そして課題改善への行動が生まれ、より良い医療として患者へ還元されることが理想です。実際に診療が改善へ向かうためには、“より臨床に合った、医師の感情が動くQI”を作ることが大事だと思っています。ぷらさぽ®を利用しているクリニックの医師が自院のQIレポートを見て、自院の課題を認識する言葉を口にしたり、自院の診療の質が良いことが分かり、とても喜ぶなど医師の感情が動いたとき私はとてもやりがいを感じます。そして、医師とディスカッションして患者へ還元できる新たなアイデアに行きついたときにとてもわくわくしますね。

f:id:jmdcinc:20191016114845j:plain

今後どんなことをやっていきたいですか?

どんな条件で集計し、どう補正をすればフェアで納得感のあるQIとなるか、医療従事者や患者、企業を巻き込み議論できる場を作りたいです。そのためには、情報発信を積極的に行って、診療の質を見える化するムーブメントを医療業界に起こしていきたいです。

また、個人的に楽しみにしていることは、漢方医学統計学的な根拠データを作ることです。現在は病名に対して漢方薬が処方されていることが多いですが、本来は、“個人の体質”に対して処方される薬です。1~2年後に国内で施行されるICD11には、新たに漢方医学の体質表現(気虚血虚など)が追加され、“個人の体質”と漢方薬を関連させて集計できるようになります。そのため、今まで難しいと言われていた体質による漢方薬の効果を証明されるかもしれません。科学的根拠に基づく医療がベースとなっている現代の医療に、より漢方薬を取り入れやすくなる未来が来るのではないかと思います。

 

インタビューイー:事業開発部所属

株式会社JMDCでは一緒に働く仲間を募集しています

 

お知らせ:JMDC出展及びセミナー情報

参加対象者が限定されているものもありますが、JMDCの活動の一部として直近予定している出展及びセミナー情報をお知らせします。

Health Weather「ぜんそくリスク予報」の出展(11/4)

「こうとう子育てメッセ2019」でHealth Weather(*1)のサービスの一つ、「ぜんそくリスク予報」を、ご紹介いたします。

f:id:jmdcinc:20191023192415p:plain

 ■こうとう子育てメッセ2019
開催日時:11月4日(月・祝)10:00~15:30(予定) 
会場:江東区総合区民センター
入場無料
URL:https://koto-kosodate.com/messe/

f:id:jmdcinc:20191023191858p:plain

*1:

「Health Weather®」は、JMDCが展開している「医療統計データサービス」(約300万人分)の情報に、日本気象協会保有する過去60年以上の気象データを掛け合わせ、気象と疾患の相関関係を統計解析にて解明し、さまざまな疾患の発症・重症化リスクに関する情報を提供するサービスです。一連のサービスを通して、サービス利用者の健康への意識向上や行動変容を促し、健康社会の実現を目指します。

URL:https://healthweather.jp/

 

製薬企業向けセミナー(大阪:11/13、東京:11/27)

特設サイトよりお申込み受付中

リアルワールドデータの活用が広がっている現在、質の高いリアルワールドデータ研究をどのように行っているのか?5名のスピーカーに依る貴重な事例解説をいたします。

■大阪

開催日時:11月13日(水) 14:00~16:20(予定)、~18:30懇親会
開催会場:グランフロント大阪タワー Cカンファレンスルーム

■東京

開催日時:11月27日(水) 14:00~17:00(予定)、~19:00懇親会
開催会場:フクラシア品川クリスタル スクエア

 

保険者(健康保険組合)向けセミナー(東京:11/18、大阪:11/19)

 特設サイトよりお申込み受付中

第二期データヘルス計画がはじまり2020年度には中間見直しが入ります。現在多くの保険者にとって課題となっている保健指導をテーマとして実施率だけではなく、本質的な改善を後押しするJMDC保健指導サービスをご紹介します。

■東京

開催日時:11月18(月) 15:00~17:00(予定)
開催会場:TKPガーデンシティPREMIUM京橋 ホール22A

■大阪

開催日時:11月19日(火) 15:00~17:00(予定)
開催会場:TKPガーデンシティ新大阪 バンケット6B

 

会長・木村の講演(慶応義塾大学:10/17、滋賀大学:11/8)

次世代育成のためにも活動しています。

 「医療・ヘルスケアが直面する課題、データ環境とデータ特性、および活用について」

開催日時:10月17日(木)
会場:慶應義塾大学 環境情報学
ゲストスピーカー

 第66回データサイエンスセミナー:「 医療・ヘルスケアにおけるリアルワールドデータの世界について」

開催日時:11月8日(金)
開催会場:滋賀大学 データサイエンス学部

 

お知らせ:会社・事業説明会を開催します

f:id:jmdcinc:20191024215923p:plain

JMDCにちょっとでも興味がある方!ぜひ、お越しください!

「実際の業務ってどんなことをしているの?」
「この会社で働いている人はどんな人がいるの?」
など、現場のエンジニアや営業とざっくばらんに交流をしていただき、JMDCへの理解を深めていただける場にしたいと願っています。おいしい軽食とビール(ソフトドリンクも)をご用意しています。ご参加お待ちしております。

参加登録方法

こちらよりご登録ください。

https://hrmos.co/pages/jmdc/jobs/co-20191120/apply


※参加費無料です。
※途中参加・途中退室も可能です。
※応募者多数の場合は、ご参加をお断りする場合がございます。前日までにメールにてご案内しております。

開催概要

日時:2019年11月20日(水)
時間:19:00~20:45 (受付開始:18:45)
対象者:JMDCにちょっとでも興味がある方
場所:株式会社JMDC
   東京都港区芝大門2-5-5 住友芝大門ビル10F

【アクセス】
JR 浜松町駅 徒歩6分
都営 大門駅 徒歩2分
東京メトロ 芝公園駅 徒歩

当日のスケジュール

時間  コンテンツ
18:45 開場
19:00 各種ご案内
19:05 乾杯&挨拶
19:10 JMDCキーパーソンの自己紹介
19:20 会社説明(ビジョンや事業内容)
19:40 求人説明
20:00 懇親会
20:45 終了

参加者のプロフィール(一部)

松本 孝 (執行役員CHRO)

大学卒業後は、日本IBMにて、社内の業務システムの開発・保守を担当。2005年に戦略コンサルティングファーム(BCG)に入社。様々なプロジェクトを経験しつつも、最後は、テクノロジー領域のコアメンバーとして、プロジェクトを推進。2018年11月より、JMDCの執行役員 DWH部 部長として、参画。2019年7月よりCHROとして、人事領域も担当。

 

小森谷 一生 (エンジニア)

営業職やSIerを経てWeb系エンジニアへ。livedoorGreeでは大規模コンシューマ向けサービスの中で基盤開発から事業KPIの推進など幅広い業務を担当。プレイングマネージャーとして10人規模のエンジニアチームのマネジメント。 Metapsではスマートフォン向けのアドテクプラットフォームやマーケティング解析ツールの開発に従事。現在はCEO直下で開発とビジネス両方の視点で、組織横断で様々なプロジェクトで開発中。

 

中井 彦一郎(エンジニア)

大学院在学中に起業し自社サービスや受託開発の開発リードを3年ほど経験した後、転職。GREESNSやPlatform事業に携わり、通知の国際化、開発チームのマネージャーとして新規API開発の推進、アプリ開発基盤のマネジメントや新卒エンジニア教育を経験。その後、数社で新サービスの開発に携わり、現在はJMDCの主要プロダクトの1つ "Pep Up" のEngineering Managerを担当。

 

鈴木 輝(医師・ビジネス職)

医学部を卒業後4年間、総合病院の感染症・総合内科医として臨床に従事。2014年によりコンサルティングファーム(BCG)に入社。インターネット事業、消費財など幅広い業種でプロジェクトを経験し、その後、製薬企業、医療機関などのヘルスケア領域のプロジェクトを担当。コンサルティングファーム在職中にクリンタル創業者の杉田と出会い、「全ての患者によりよい医療を」という事業への思い、社会的意義に共感し、2018年にclintalに参画。2019年よりJMDCの一事業部として合併し、clintalのサービス運営、開発及びJMDCの既存事業との連携を推進。

 

穴吹 楓(ビジネス職)

エンジニアとしてECU通信制御ソフトウェア構築を経験した後、病院経営改善のコンサルティングファームで地方の赤字病院の再生プロジェクトに従事。2015年よりJMDCに参画し、現在は製薬向けのコンサルティング営業チームのマネージャーとして主に外資系や海外顧客を担当。

★前回の開催の様子はこちら↓

Copyright © JMDC Inc. All Rights Reserved.