COOからのメッセージ

f:id:jmdcinc:20191225104744j:plain

 【杉田 玲夢・略歴】

東京大学医学部卒。NTT東日本関東病院東京大学医学部附属病院での研修を経て、社会的課題に取り組む国内コンサルティング会社に入社。その後デューク大学ビジネススクールにてMBA取得後、ボストンコンサルティンググループ入社。患者によりよい医療をという想いの下、2015年株式会社クリンタル創業。2018年JMDCによる子会社化に伴い、COOに就任。 

 

日本の医療をなんとかして継続させたい

私はもともと医師として医療現場におりましたので、日本の医療の素晴らしさを感じることもあれば、残念な部分を感じることもありました。例えば、患者さんは皆保険なので、そこそこの医療費負担で十分な医療が受けられる一方で、多くの病院は赤字経営で国の補助金やこれまでの貯蓄でギリギリの状態で運営していたり、どこでもすぐに受診ができてMRI検査なども待機期間なく受けられる一方で、病院数も検査機器台数も明らかに過剰な状態になっており、過剰な医療や検査が行われていたり(CTMRIの台数は人口比でいえば世界で圧倒的に一位です)。

その中で、私が最も強く課題意識を持ったのは医療費の急増です。高齢化が進み、先進医療など医療の高度化も進んでいるので、医療費が増えていくのは自然な流れという面もあるのですが、この増加をできるだけ緩やかにしないと、毎年日本の財政が圧迫され続け、この素晴らしい日本のヘルスケアシステムが維持できなくなってしまいます。

米国のヘルスケアシステムなども勉強しているうちに、いつしか、なんとかして日本の医療費の削減に貢献できないかという想いが強くなりました。

 

医療費削減におけるJMDCのおもしろさ

その中で、JMDCに出会ったわけですが、データを用いて健康増進や予防啓発に取り組むという点、すごく面白いなと思いました。健康予防領域におけるサービスを提供している会社は、大企業もスタートアップも山ほどあって、それぞれサービスをみていると社会的、医学的意義はありそうな気はするのですが、実際にそのサービスを活用した結果の評価までできている会社はほとんどないです。結果としてどれほど健康になったか、日本の医療費にインパクトがあったか、というのがかなり分かりづらいです。

この点、弊社はレセプトというリアルワールドデータを保有しているので、実際の医療費や診断病名が分析できます。サービスの結果として、医療費がどう変わったのか、発症率がどうなったのか、ということを疫学的なアプローチで解析することができます。それは弊社の事業のユニークさであり、エビデンス重視の医療人としても非常に興味深いなと思っています。なんとなくよさそうなサービスではなく、医療費を何万円減らすことができるサービス、と示すことができるのです。これは画期的だなと思いましたし、知れば知るほどすごく意義深い事業だと感じています。

実際に例えば、製薬企業では、新しい薬を販売する前に、その新薬によって医療費がどれほど減らせるかを分析するHTAhealth technology assessment)という制度があるのですが、弊社のデータはその際のデータとして活用されたりしています。

 

採用への想い

弊社に入ってきていただける方は様々です。医療に想いの強い方もいますし、ビッグデータ分析に興味を持たれて入ってくる方もいます。エンジニアの方で社会的意義のある開発や自社サービス開発がやりたくて入ってくる方もいますし、コンサル出身者もいます。経歴や転職の経緯は本当に多様です。

ただ、リアルワールドデータという事業の新しさと、企業として急激に拡大しているフェーズであることを考えると、そういう変化や革新が好きな人が集まっている気がします。新規事業も数多くあります。組織もまだまだ流動的です。一人の本気で大きく事業を進めることもできます。

 弊社の何かしらに対する想い、業務における柔軟性や積極性を持った方、弊社のこれからを担っていただける方、ご連絡いただけると嬉しいなと思っています!

【お知らせ】JMDCが東京証券取引所マザーズへ上場しました

株式会社JMDC(本社:東京都港区、代表取締役社長:松島 陽介、以下「JMDC」)は、2019年12月16日(月)をもちまして、東京証券取引所マザーズ市場へ新規上場いたしました。ここに謹んでご報告申し上げますとともに、みなさまのご支援、ご高配に心より御礼申し上げます。

・・・・・

本日は、上場セレモニーの様子をお伝えします。会場はこちら、東京証券取引所です。

f:id:jmdcinc:20191216135108j:plain

役員陣、エスカレーターから降りてきました!役員・杉田は逆にこちらの写真撮っていますね。そちらからの光景はいかがだったのでしょうか。(あとで写真もらおうっと。)

f:id:jmdcinc:20191216134731j:plain

円柱型電子掲示板(と呼ぶのかな?)には「祝上場 株式会社JMDC」がグルグルと占領!!

f:id:jmdcinc:20191216134752j:plain

そんな掲示板を背にして、上場通知書を贈呈いただきました。

f:id:jmdcinc:20191216135022j:plain

通知書と木槌をいただいた後は、記念撮影。
~本当は、全社員で来たかったのですが、人数制限でこれず。でも、みんなとは中継で繋がっています~

f:id:jmdcinc:20191216134921j:plain

f:id:jmdcinc:20191216134713j:plain

沢山写真を撮りましたね。

続いては、打鐘の会場へ移動。

上場杵の鐘。5回鳴らすのは、「五穀豊穣」に由来されており、企業の繁栄への願いが込められています。仲良く各社の役員で打ちました。

JMDC設立者である木村からポージング依頼してないのに、ガッツポーズが出てたのをカメラは捉えましたよー!!嬉しさが伝わってきますね。
鐘はカーンと気持ちいい音でした。

f:id:jmdcinc:20191216134703j:plain

役員陣そろってガッツポーズ!これからも社員と一緒に会社を成長させてください!

f:id:jmdcinc:20191216134956j:plain

オフィスに戻ったら、沢山のお花が届いていました!ありがとうございます!

・・・・・

JMDCは、今後も、「データとICTの力で、持続可能なヘルスケアシステムを実現する」というミッションのもと、個人の健康な生活のため、その結果としての持続可能な国民医療制度の実現のため、人材やテクノロジーに積極的に投資し、医療ビッグデータを活用した新しい取組みやサービス開発にチャレンジし続けてまいります。また、医療情報という非常に繊細な領域のデータを扱い、人命に関わる医療の領域でのサービスを提供していく前提として、個人情報保護などへの高い遵法感と倫理感をもって、各種のステークホルダーからの信頼を得られる企業運営を行っていく所存です。

今後も皆様のご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます!

お知らせ:「データヘルス見本市2019」にてグランプリを獲得!

2019年11月26日・27日に東京で開催された、厚生労働省主催の「データヘルス・予防サービス見本市 出展者アワード2019」にて、60を超える出展者の中から、JMDCがグランプリを獲得致しました!!!

f:id:jmdcinc:20191128143716j:plain

2019年の出展テーマは、『PepUp保健指導』

今回のJMDC 出展テーマは、700万人のデータから見えてきた、本当に効果の出る『PepUp保健指導』でした。

PHR(パーソナルヘルスレコード)の「Pep Up」とそれを用いたICT特定保健指導「Pep Up保健指導」をご提案してまいりました。また、ウェアラブル端末(活動量計)を活用した効果検証事例など保健指導の未来を切り開く事例も披露し、まったく新しい保健指導のカタチをご提案させていただきました。

■Pep Up保健指導サービス概要

f:id:jmdcinc:20191128143938j:plain

 

サービスについて、詳しく知りたい方は、いつでもお問い合わせください。

f:id:jmdcinc:20191128143658j:plain

 

昨年は3位という結果で涙を飲んだため、今年のグランプリは、全員喜びが溢れて止まりませんでした…!
ブースやセミナーにお越し頂いた方、JMDCに投票してくださった方、また遠方から熱いエールを送ってくださった方・・・、
皆様のご支援のおかげで獲得出来ましたこと、深く御礼申し上げます

f:id:jmdcinc:20191128143705j:plain

今後ともJMDCは、保健指導の実施率および改善率の上昇に向けて、新しい取り組みにチャレンジし続けていきます。

社員インタビュー:2020年度新卒内定者石井さん

2002年に創業したJMDCは、2020年4月に第1期生となる新卒が入社してきます。

「多くの選択肢の中からJMDCに決めたポイントやこれからの抱負」を3回(3人)シリーズでお届けしています。今&これから就職活動する学生さんたちにも読んで欲しいとの思いで書いてくれています。1人目の記事はこちらからどうぞ!

2人目はTIさん。

f:id:jmdcinc:20191107104036p:plain

自己紹介をどうぞ!

私は、高専という5年制の学校で工学を学び、現在は大学で農学を学んでいます。

根っからの理系畑育ちです(笑)
ですが、様々な分野の勉強をするだけでなく、課外活動にも積極的に取り組んでいました!

特に印象に残っているのは、インドネシアでの農業ボランティア活動です。異国での初めての活動で、言語や宗教、食習慣などの違いに触れながら、イチゴ栽培のボランティアをしました。刺激的な日々だったので、今でも鮮明に覚えています。

他にも、陸上競技部での活動や、マーケティング会社のインターンなどに取り組み、充実した学生生活を送っています!

初めての就職先をJMDCに決めた理由を教えて下さい

理由は大きく3つあります。

1.「医療・ヘルスケアに関心がある」

私は、中学時代に東日本大震災により被災しました。当時は物流が滞ったため、食べられるものが限られ栄養が偏り、放射線量が高く外出が制限され、心身ともに不健康な生活を送っていました。その際、健康に生活することが如何に幸せなのかを実感しました。この原体験から、医療・ヘルスケアの関心が、高専・大学・JMDCへの進路決定材料になっています。

2.「様々なバックグラウンドを持つ社員の方々と働きたい」

私は、初めて知ることにワクワク感を抱く性格です。

JMDCはこれまで100%中途採用のみなのでバックグラウンドもいろいろな方がいて、仕事を楽しみつつ、進める上で多様な価値観に触れ、物事を多面的に捉えることが出来るのではないかと思います。 

3.「データで社会にインパクトを与えるビジネスに魅力を感じた」

製薬会社は医薬品、保険会社は医療保険など、社会にインパクトを与えている企業はたくさんありますが、それらの背景には、医療データが存在します。

バリューチェーンのより上流に関わり、インパクトを与えられる対象が多いJMDCに、とても魅力を感じました。

入社することを決めてからいかがですか?

JMDCの内定を承諾して、本当に良かったと思っています。

内定者インターンや内定式後の懇親会で、多くの社員の方々の話をお聞きし、様々な分野の知見を得ることが出来ました。新卒1期ということもあり、不安が全くないわけではなかったのですが、良い意味でウェットな社風(ビジネスライクではなくて、学生時代の身近な先輩のように、職種問わずフランクに接してくださる方々が多いです!話し出したら楽しくて止まらない雰囲気です。)で愛社精神が育まれています。

2020年4月からどんなことをやっていきたいですか?

まず、データを理解し、考察する力を付けようと考えています。JMDCは最大級の医療データを保持していますが、そのデータを使いこなさなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。データを用いて、どの様な価値を社会に提供できるのかが大切だと思っています。

また、力を付けた後の話ですが、挑戦したいことがあります。それは、身体の健康だけでなく、「心の健康」を維持するプラットフォームを作ることです。

1人でも多くの人々が、「今が1番幸せ」と胸を張って言える未来にしたいです。

f:id:jmdcinc:20191107104257p:plain

これから就職先を決める学生さんに伝えたいことをどうぞ!

「好き」という気持ちや、「ワクワク感」を大切にして欲しいと思います。
就職活動をしていると、楽しい感情だけでなく、周りとの差やお祈りメールにより、悲しい感情になることがあるかもしれません。(自分もそうでした…笑)
でも、そんなときこそ、自分の「好き」や「ワクワク感」に素直になった方が良いと思います。きっと、輝いている素の自分になれるでしょう!
“心身の健康を第一”に、明日も就職活動を頑張ってください!応援しています。

 

インタビューイー:2020年度新卒内定者

株式会社JMDCの会社紹介はこちらをご覧ください。

 

 

JMDC社員の1日:コンサルティング営業(製薬企業向け)編

JMDCに興味を持ってくださる方から「フレックス勤務と書いてあるけど、本当に利用出来るのか?」という質問をいただくことがあります。業務内容、将来のキャリア、お給料と同じくらい、1日の働き方も気になりますよね。

今回は、先日インタビューに答えてくれた製薬企業向け営業の1日をご紹介します。

 

8:00 1日の動き方確認(自宅)

1日のスケジュールを確認し、動き方をイメージ。この日は、クライアントへの訪問が2件入っていたため、少し忙しめ。(平均すると1日1件程度)

10:00 出社

JMDCはフレックス制度があり11:00までに出社すればOK。名ばかりフレックスとは違い実際にMPM*1では9:30~10:30に出社する人が多いです。
普段も10:00くらいに出社をしていますが、大きな利点として満員電車に乗らなくて済みます。仕事初めに無駄な体力消耗をしなくて済むのは本当に良い点。

10:00~12:00 内勤

主な内勤業務としては下記になります。
・クライアント対応(メール・電話)
・見積書・発注書などの書類、契約書関連
・分析案件の定義書の作成
・クライアントとの打ち合わせ準備

この中で特に作業ボリュームが大きいものが分析案件の定義書の作成になります。
複雑なものだと定義書の作成に数時間かかることも珍しくなく、作成後もロジックに間違いがないか抽出グループ(営業とは別のデータ抽出専門のチーム)とすり合わせを行い、確認していきます。

12:00~13:00 ランチ

f:id:jmdcinc:20191106113440p:plain

僕は食事が好きなのでよほどのことがない限り、外にランチに行きます。

よく行くお気に入りのお店では鳥肉の煮込み料理を食べます。鳥皮を除いてくれるのでヘルシーに食べられます。会社近くの大門・浜松町やクライアント近くの日本橋付近でランチすることが多いですが美味しいお店が多く楽しみの一つです。

13:00~14:00 内勤

午前中の作業の続きを終わらせ、精算等の処理を行います。

14:00~14:30 上司との1on1会議

f:id:jmdcinc:20191106113554p:plain


定期的に現状の案件の進捗などについて共有します。この日は案件以外にもデータベース調査の他社動向などについても情報共有しました。

15:30~16:30 クライアントとの打ち合わせ(データの契約更新)

この日は年間契約していただいているデータの契約更新に関してクライアントと契約内容の見直しと相談。打ち合わせの内容で多いものは下記になります。

・導入ウェブツールの操作説明会や疑問点解決
・個別分析案件の相談、定義打ち合わせ
・新規データベース・ウェブツール提案
・データベース研究の問い合わせ

16:30~17:00 カフェで打ち合わせ準備

JMDCでは、一定の条件を満たせば、業務上利用したカフェ代が支給されるのでアポイントの合間などはカフェで仕事をすることが多いです。自身のスケジュールでアポの前に早めにカフェに入って準備をしたり、合間の時間も有意義に使えます。

17:00~19:00クライアントとの打ち合わせ(新規案件相談)

新規顧客からメールで相談があり事前にN数調査を実施。
打ち合わせでは実際に顧客がしたい分析の内容を確認しJMDCデータベースを使ってできることを紹介。この日は3つの分析が具体的に進捗することになりました。
顧客が必要な情報に合わせて分析方法やアウトプットを作っていくので担当によって十人十色やり方が違うのもこの仕事の面白いところだと思います。

19:00 クライアント先から帰宅(移動中)

帰宅中、クライアントとの打ち合わせの間に来ていたメールをチェックし、急ぎの対応が必要無いことを確認して、本日終了。

オフの過ごし方

基本的に平日と同じような時間軸で過ごすように気を付けています。
毎週のルーチンとしてウェイトトレーニングと上場企業のその週の決算情報や開示のチェックは必ず行っています。
それ以外だと映画に行ったり、美味しいお店を探しに行ったりします。
これからの時期は温泉なども最高ですね。
僕は3月にJMDCに入社しましたが仕事・プライベート共に非常に充実した毎日を送ることができています。

 

インタビューイー:メディカルファーママネジメント部所属

株式会社JMDCでは一緒に働く仲間を募集しています

*1:MPM=メディカルファーママネジメント部。製薬企業向けの業務を行う部署。

副社長CFOからのメッセージ

f:id:jmdcinc:20191101163653j:plain

【山元 雄太・略歴】

京都大学法学部卒業後、ボストンコンサルティンググループ入社。司法修習を経て、2012年よりノーリツ鋼機グループ参画し、2015年にノーリツ鋼機の取締役CFOに就任。2013年に当社取締役、2019年に当社CFOに就任。

 

 

社長の松島からバトンを渡されてから2か月、このブログに書く文章を考え続けておりましたCFOの山元です。
JMDCのいいところを3つ挙げるという普通のテーマで書きたいと思います。

 

1.事業が社会課題の解決と直結


当社が取り組んでいるのは世界最先端の超高齢化社会への対応です。中でも医療費の増大という社会構造にかかわる問題の解決に向けて、データとテクノロジーを活用した医療の高度化、効率化に貢献することを目標としております。
個人の健康状態や病歴が一元管理されていてそのデータをもとに人間とAIエンジンが最適治療を導き出す世界や、DNAやバイタルデータが管理されていて疾病に至る前に食事や運動などの予防活動が提案され、実際に予防ができると医療費の抑制に貢献したことが評価される世界は、誰もが納得のいく未来像ではないでしょうか。
その前段階でも、当社が主に取り扱っているレセプトデータや健康診断データにゲノムデータやバイタルデータが組み合わさると、健康状態に関するインプットとアウトプットの関係がより解明されることになり、より個別化したより効率のよい健康改善策を生み出せるかもしれません。

 

2.多種多様なハードルとチャレンジ


音楽をオンラインでやりとりをするニーズは、以前は Napsterのようなファイル交換ソフトによる違法ダウンロードが中心で、これはユーザーにとって危険で、かつ、著作権者の権利を害するものでしたが、iPodiTunesによって合法化され、さらにSpotifyのような定額ストリーミングに至ってます。
また、世界中の人たちとつながるニーズは、ミクシィのように匿名のSNSが主流でしたが、実名登録のメリットがデメリットを上回った結果、リアルの世界ともつながる実名SNSFacebook)に結実しました。
同様に、当社が思い描く未来を実現するにも、個人情報保護、医療過誤責任の所在、既存のオペレーションとの整合性など、 医療という細心の注意が必要な分野ならではのたくさんのハードルにぶつかり、当社自身やサービスの進化が必要でしょう。
そんなチャレンジを繰り返した先に、どんな会社になるのか、どんなサービスが作れるのか、楽しみだと思いませんか。

 

3.歴史と仲間


当社はレセプトデータの電子化が急速に進む2008年からさかのぼること6年、2002年からレセプトのデータベース化に取り組んできました。
すでにためてきたデータベース化ノウハウやデータ自体はそう簡単に作ることができるものではありません。
また、当社グループには、ドクターネットやチームユニケ(ユニケソフトウェアリサーチ)という医療における現場力をもった心強い仲間がいます。
ドクターネットは、遠隔画像診断という放射線科専門医と医療機関をつなくクラウドソーシングを行っております。繊細な診療行為の中にITサービスを提供している特異なケイパビリティを持つ会社です。
チームユニケは、調剤薬局に業務システムを提供しております。自社でも薬局運営を行い、 薬局と患者のためにユニークかつ行き届いた新しいサービスを生み出すことができる会社です。
このように、当社は歴史と仲間という心強い武器とともに事業を行っています。

 

 

次にご紹介したい当社メンバー


次に紹介したいのは、前回同様承諾をとっておりませんが、COOの杉田です。
杉田は、東京大学医学部卒の天才でイケメン、本当に病気に悩む人に寄り添うサービス「クリンタル」を生み出したやさしい起業家、みんなが嫉妬する杉田をご紹介させていただきます。

 

社員インタビュー:コンサルティング営業 マネージャー(製薬企業向け)

f:id:jmdcinc:20191030132407j:plain

JMDCに入社したきっかけを教えて下さい

 自分の発言がトップに届く距離間と 医療×ビッグデータという自分にとって未知の世界への好奇心が決め手でした。

大学院卒業後からずっと医療系に携わりたい思いで初めて入った企業では、なんと車載エンジン開発プロジェクトに配属になりました。「えー!こんなはずじゃなかった」とは思いましたが、「3年は必死に頑張ろう」と思って通信テストツールの構築に従事しました。その後は念願の医療系。病院経営改善のコンサルにて、地方の赤字病院の再生プロジェクトに携わりました。1社目は社員数が万単位の巨大企業でしたが、2社目はたった6人。入社一年目で私以外のコンサルタントがみんな転職するという話が出て、私も再度転職活動を開始しました。転職軸は昔からぶれないで「医療系」、そしてよりチャレンジが求められる「成長産業」と決まっていたので、数社から話を聞きました。その中でも、医療ビッグデータの業界トップであり、急成長しているJMDCに惹かれました。他社とも正直迷いましたが、医療×ビッグデータという新しい世界への好奇心と、入社前にわざわざ当時の経営陣が時間を作ってくれ、労働環境や給与など突っ込んだ質問に丁寧に答えてくれた姿勢に誠実さを感じ、入社を決めました。

余談ですが入社後に採用理由を聞いたら、「根性ありそうだから」というものすごい体育会系部活みたいな回答が返ってきました(笑)。前職では超長時間労働だったので無意識にその雰囲気を醸し出してたのかもしれません、と思うことにします。 

JMDCに入社してみていかがでしたか?

営業職未経験、製薬業界の知識もゼロで入社したので、分からないところも分からない状況からのスタートでした。それでも先輩たちの背中を見て、色々とサポートも頂き、少しずつ仕事を覚えていきました。小さい組織なので、通常の営業業務からセミナー企画、製品サポート、分析定義書の作成まで、業務の幅が広く大変でしたが、自分で試行錯誤して考えて、意見も出来る環境であったことに何より面白さを感じました。たくさん失敗しましたし(今でもよくしますが)、自分の裁量が大きい分、色々なことにチャレンジできていつも新しい発見があり、とてもやりがいを感じています。 

マネージャーになってどうですか?(2019年4月に昇格)

これまでの職歴の中で、管理職はもちろんリーダーの経験もなく、よく考えたら後輩を指導したことすらなくて、「よいマネージャーとはどういうものなのか」と今も手探りの状態です。人に教えると、自分が分かっていないことが浮き彫りになってくるのを感じています。さらに、中長期の売上UPのためにチームをどうまとめて動かすかなど、担当者の時とは違う視点も持つ必要があるので、新人の頃より、今はもっと勉強している日々です。

f:id:jmdcinc:20191030132410j:plain

今後どんなことをやっていきたいですか?

マネージャーというポジションを任せていただいたので、チームメンバー(これから入ってくる新入社員も今いるメンバーも)が個人としても、チームとしても、①育つ、②定着する、③働きやすい、環境を作っていきたいです。特に新入社員に対しては、ジェネラルに一定の知識が持てるようなマニュアルや教育システムも整備したいです。

売上UPも重要ミッションなので、「JMDCのデータがないと業務が進まないよね」とクライアントに言ってもらえるように市場拡大のチャンスをしっかり獲得していきます。保険者以外のデータベースも増えてきているので、新しいサービス展開を考え中です。海外営業にも力を入れたいです。

プライベートでは体を動かすことが好きなので、フットサル、バドミントンを続けたいです。ゴルフにもチャレンジしたいです。

  

インタビューイー:メディカルファーママネジメント部 マネージャー

Copyright © JMDC Inc. All Rights Reserved.