社員インタビュー:アプリケーションエンジニア

f:id:jmdcinc:20190821195609j:plain

JMDCに入社したきっかけを教えて下さい

自分は新卒で独立系SIerに入社後、ずっと同じ現場に常駐していました。 色々な作業を任せてもらえましたし、居心地もすごくよかった。ただ常駐先の業界の景気が悪化して、どんどん内向きになってきてしまって……。

また、いわゆる要件定義は常駐先の社員さんがやる決まりで、それ以上のことはなかなか任せてもらえない。 ずっとここでプログラマーをしていていいのだろうか? という悩みが常にありました。

それで、自社サービスを扱っていて、なおかつ成長中の業界ということに魅力を感じてJMDCに入社しました。入ってみて感じたことは、やっぱり常駐先の人に気兼ねなく働けるというのはいいものだなと。 また、共通の問題を協力して解決しようという意識が自然にもてる方ばかりなので、前職と違って困ったとき回りに頼れる安心感があります。

 

現在どんな仕事を担当されていますか?

現在は小規模チームの一員として、あるサービスの移行対応を手がけています。

今まではインフラのことはインフラチームにお任せでよかったのですが、今はサーバの調達のようなことも自チームのタスクになるので新鮮です。

自力でやらなければいけないことが増えて大変ですが、自然と周辺領域にも手を伸ばして成長することができる感じがします。

それはプログラムに限らず、入社後すぐにBIツールに関して勉強させていただく機会にも恵まれました。

今は先進的な技術を取り入れようという動きが社内で活発で、周囲の方も含めて今までの業務範囲とは別の領域のことを学ぶケースが増えているようです。

 

f:id:jmdcinc:20190821195549j:plain

今後はどういった事をやっていきたいですか?

JMDCの属している医療に関するデータ分析というのは、変化が激しい成長業界です。

そんな環境についていけるように改善したり、同業他社に負けないような新規機能を付け足したりするなど、自分の担当プロダクトをさらによくしていきたいと思っています。

そのためにも、目の前の移行対応を早く、ミスのない形で終わらせたいですね。

また、自分個人としては、医療やレセプトの知識が不足していると感じることが今は多いです。技術の向上だけ目指すのではなく、業務知識をベースに機能や仕様の提案などもできるようになれればと思います。

 

インタビューイー:データウェアハウス部所属

Copyright © JMDC Inc. All Rights Reserved.