お知らせ:Kaggleでメダル受賞

データイノベーションラボの齋藤がKaggleで銀メダル/銅メダルのダブル受賞

JMDCは2020年4月にデータイノベーションラボを立ち上げました。メンバーはアクチュアリーやデータサインティストなどデータ活用のプロフェッショナル達です。社内では略してLAB(ラボ)と呼ばれ、医療ビッグデータの新しい活用方法を日々探求しています。

そんなLABメンバーの齋藤が約1年ぶりにkaggleに挑戦。

ウォルマート主催の販売量予測コンペ「M5 Forecasting」に参加しました。M5は将来の販売量を予測するコンペ(Accuracy)だけでなく販売量の不確実性=確率分布を予測するコンペ(Uncertainty)も同時に開催されたのが特長です。

「不確実性の予測はkaggleでは珍しいテーマですが、保険会社で不確実性(リスク)を扱うアクチュアリーには馴染み深い領域です。最近はkaggleと少し距離を置いて医療系のドメイン知識の勉強に力を入れていましたが、不確実性と聞いたら居ても立っても居られず久しぶりに参加してしまいました」

と齋藤は言います。

結果はAcuuracyで銀メダル(上位5%以内)、Uncertaintyで銅メダル(上位10%以内)を獲得。

「Uncertaintyの銅メダルはまあまあの結果ですが、SHAKE(※)が大きかった中、モデル構築時の評価指標(Public)と最終結果の評価指標(Private)の差が比較的小さく予測精度と汎化性能を両立できたことは実務で使うことも考えると上手くいったと捉えています。また、モデル構築の時間を短くできたことも収穫でした。以前kaggleに参加した際は平日も土日もずっと張り付いていましたが、今回は週末だけで1日あたりの時間も短くできたのでプライベートの時間ともバランスがとれたかなと思っています。笑」

と齋藤は語ります。

※コンペ期間中の暫定順位と最終順位が大きく変動すること。

LABでは医療ビッグデータ×機械学習で健康社会の実現を共に目指すメンバーを募集中です。リアル医療データを日々扱いデータサイエンスのスキルも磨けます。

ご興味のある方はぜひこちらからご連絡ください!


Copyright © JMDC Inc. All Rights Reserved.