社員インタビュー:アプリケーションエンジニア

f:id:jmdcinc:20200828090733j:plain

 

JMDCに入社したきっかけを教えて下さい

文系大学を卒業後、広告代理店の社内システムの開発・保守を4年ほど行っておりました。配属先の某総合広告代理店では、主にデータサイエンス部門や営業部門と直接ヒアリングを行いつつ、開発を進めるスタイルで仕事を行っていました。

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・交通・インターネットの広告出稿実績をデータとして格納しつつ、クライアントの各ブランドのターゲットに効率よく認知・購買意欲につなげていくための予測モデルを作成していました。モデルを作るだけではなく、毎日予実を追いかけながら目標数値を達成できるように、試行錯誤を繰り返しました。広告業界についての仕組みを理解できたこと、そしてチームを組んで製品を開発し、大手クライアントの出稿コンペを勝ち取った経験は、今も鮮明に残っています。

ただ、日々の充実感はありつつも、毎日終電まで働き倒れる人が一定数いたため健康維持に不安になったこと。また今以上に膨大なデータに対してアクションを起こしたいという想い。そして母が看護師だったこともあり、小さい頃から医療業界に対して身近なイメージがあり、いつかは医療業界で働きたいと思っていたこと。この3つの理由から、医療業界への社会貢献度が非常に高いJMDCに入社を決意しました。

現在どんな仕事を担当されてますか?

JMDC入社後は現データ基盤開発部に配属され、台帳システムの保守から入りつつ、その後台帳の刷新PJのプロジェクトリーダーを担当しました。当初の現行システムを理解していく中でソースコードにバグが多々残っていたり、テストをほぼ行わずリリースしている状況を見て、前職との違いに衝撃を受けた思い出があります。

そんな状況から、少しずつチーム体制を強化しつつ改善を行っていたものの、並行で作業していた毎月の運用にトラブルが発生。お客様への納品データが正しくないものとなってしまい、営業部隊から「どうなっているんだ!」とお叱りをいただくことがありました。クライアントや営業部隊からすれば、役職は一切関係なく、開発組織のプロフェッショナルの一員として、正しいデータを常に提供し、顧客満足を常に向上していかなければならない、とより強い自責心を持つきっかけになったので、今ではその方々に感謝しています。

また、刷新PJの話に戻りますが、中国でのオフショア開発案件の際に、当時のPMから「1人で行ってきて、よろしくね」と軽く振られて10日間ほど滞在したことも印象的でした。当時は11月頭。中国は非常に寒い時期でしたが、社内がまだ暖房をつける時期ではなく、毛布や上着を羽織り真顔で開発レビューしているところに、JMDCの先輩から「寒いんだって?こっちはあったかいよ」等のメッセージから、元気と若干のイライラを頂いたのもいい思い出ですね。

その後、台帳プロジェクトを完了させたあと、健診システムを担当し、健診のリプレイス・改善案件を1年半ほど行った後、病院DWHシステムの担当を経て、現在はJDM・Looker開発のリーダーをやっています。

ふと思い直すと、開発メンバーの中でも、4年間で特に様々なシステムに携わらせてもらったなと思います。

JMDCは、年功序列ではなく自分から手を挙げてチャレンジできる環境が整っています。さらに強い自責心をもってプロフェッショナル意識で仕事している上司・同僚が多いです。今後も切磋琢磨しつつ、「自分は常に期待されている成果を出し、納得感を内外で得られるか」と常に考え、会社に貢献する存在になりたいと考えています。

f:id:jmdcinc:20200828091027j:plain

今後はどういった仕事をしていきたいですか?

現在はJDM・Looker部隊のリーダーとして会社組織や部の目標をグループに落とし込み、スピーディに開発を進め顧客満足を向上させるために日々仕事を進めています。今ある既存の知見にこだわらず、新たな知見の習得や顧客・営業部隊へのヒアリング、競合他社の比較・調査、部門の強化、チームの強化、採用・育成などやらなければならないことはたくさんあります。

直近の目標は、グループ体制の強化ですね。責任の重さに若干胃が痛くなりながらも、チームが成長する仕組みづくりと、自身としても開発スキルアップ、メンタルタフネス取り組みたいです。

JMDCのここが好き!を教えてください

1つ目は、経営陣とフランクにコミュニケーションが取れ、かつしっかりと議論できる場があるということ。大手企業にはない恵まれた環境だと感じます。

2つ目は、様々な分野のプロフェッショナルの方がいるので、会話するだけで脳が刺激されます。非常にいつも勉強になっています。

あと、エンジニア目線だと、新しいPJに採用する技術を、自分自身で提案することができ、積極的にGoサインを出してもらえることも多いです。チャレンジ心が旺盛な人にはとても良い環境だと思います。

 

インタビューイー:製品開発部所属

 

 

お知らせ:Looker User Meet up#4に登壇します

Lookerのミートアップイベントに弊社エンジニア・吉川と岡が登壇します。
次世代BIプラットフォーム「Looker」の4週連続で予定されているデジタルイベント「BEACON Japan」の前夜祭です。5億4千万件を超えるレセプトデータ等、膨大な医療ビッグデータを事業柱としている当社でのLooker導入決定から開発、成功事例についてお話しさせていただく予定です。
 
【開催概要】
日時:2020年9月2日(水)18:00~20:00(吉川・岡の登壇は、18:00頃~を予定 )
方法:オンライン
登壇社:株式会社ディー・エヌ・エー、株式会社トレタ、株式会社ヤマップ、株式会社JMDC
主催:Looker japan User Group
 
【参加申込】
以下のイベント申込ページよりお申込みください。 

looker-japan-user-group.connpass.co

 

お知らせ:代表・松島のインタビュー記事(全5話)が掲載されました

松島のインタビュー記事を掲載いただきました。

f:id:jmdcinc:20200828092245p:plain


 

第1話:「経営者にとって重要な素養」についてお話させていただいています。
 

 

第2話:「経営者になるまでの道のりや変化」についてお話させていただいています。

 

 

第3話:「PMI成功の舞台裏や創業者への思い」についてお話させていただいています。

 

 

第4話:「データビジネスの取り組み」についてお話させていただいています。

 

 

第5話:「日本の医療制度の未来やミッションへの思い」についてお話させていただいています。

 

 

各職種にて積極採用中です。興味のある方はご連絡ください!

募集一覧はこちら

お知らせ:Kaggleでメダル受賞

データイノベーションラボの齋藤がKaggleで銀メダル/銅メダルのダブル受賞

JMDCは2020年4月にデータイノベーションラボを立ち上げました。メンバーはアクチュアリーやデータサインティストなどデータ活用のプロフェッショナル達です。社内では略してLAB(ラボ)と呼ばれ、医療ビッグデータの新しい活用方法を日々探求しています。

そんなLABメンバーの齋藤が約1年ぶりにkaggleに挑戦。

ウォルマート主催の販売量予測コンペ「M5 Forecasting」に参加しました。M5は将来の販売量を予測するコンペ(Accuracy)だけでなく販売量の不確実性=確率分布を予測するコンペ(Uncertainty)も同時に開催されたのが特長です。

「不確実性の予測はkaggleでは珍しいテーマですが、保険会社で不確実性(リスク)を扱うアクチュアリーには馴染み深い領域です。最近はkaggleと少し距離を置いて医療系のドメイン知識の勉強に力を入れていましたが、不確実性と聞いたら居ても立っても居られず久しぶりに参加してしまいました」

と齋藤は言います。

結果はAcuuracyで銀メダル(上位5%以内)、Uncertaintyで銅メダル(上位10%以内)を獲得。

「Uncertaintyの銅メダルはまあまあの結果ですが、SHAKE(※)が大きかった中、モデル構築時の評価指標(Public)と最終結果の評価指標(Private)の差が比較的小さく予測精度と汎化性能を両立できたことは実務で使うことも考えると上手くいったと捉えています。また、モデル構築の時間を短くできたことも収穫でした。以前kaggleに参加した際は平日も土日もずっと張り付いていましたが、今回は週末だけで1日あたりの時間も短くできたのでプライベートの時間ともバランスがとれたかなと思っています。笑」

と齋藤は語ります。

※コンペ期間中の暫定順位と最終順位が大きく変動すること。

LABでは医療ビッグデータ×機械学習で健康社会の実現を共に目指すメンバーを募集中です。リアル医療データを日々扱いデータサイエンスのスキルも磨けます。

ご興味のある方はぜひこちらからご連絡ください!


社員インタビュー:コンサルティング営業(生損保企業向け)

f:id:jmdcinc:20200710140708j:plain

JMDCに入社したきっかけを教えて下さい

会社説明会に参加をしたのがすべてのきっかけでした。
直観的に「医療分野×ビッグデータ」という事業内容にすごくワクワクしましたし、セミナーの雰囲気がすごく良くて、気づけばその日の夜にエントリーしていました(笑)。

なにより印象的だったのは当日の登壇者が「実は入社してまだ3ヶ月なんですが…」とか、「入社から半年なんです」という人が多かったことです。入社間もない人でもすごくよく馴染んでいるし、社歴に関わらず、しっかりと信頼して仕事を任せる雰囲気があると、強く感じました。
セミナーの登壇っていうと、けっこう重要な役割ですよね?
一般的には古株とか重鎮のような人が出てくるイメージがありますが、和気あいあいと、楽しそうにプレゼンをしていたのが今でも印象に残っています。

それから、前職は銀行に勤務していたため、いろいろな意味で安定感はあったのですが、一方で、これから伸びていくだろうと思える業界で、刺激を感じながら自分自身ももっと伸びていきたいという思いも募っていたので、自分が求めていた環境だ!と、体が反応したのもあったと思います。

入社してみて良かったことを教えてください

まず、外から見るよりもはるかに、医療ビッグデータは引き合いや、社会的な価値が高く、その提供に自分が関われる喜びがあることです。

それから、キャリア採用の方がほとんどで、自分がまったく触れたことがないような
分野のプロの方が社内にゴロゴロといて(本当にそのへんに普通の顔をして存在しています笑)、話をしたり、聞いたりしているだけでも、すごく刺激的でワクワクできる環境であることも、良かった点です。

管理者層もスタッフ層も分け隔てなく、フランクにコミュニケーションが取れたり、意見を言ったりできるところ、意見を求めてもらえるところもいいですね。
無用なしがらみがなく、組織としてのスピード感があるところも魅力です。

業務内容、面白み、やりがいを教えてください

主に生命保険会社様向けに商品開発やUW(アンダーライティング:保険業界では、契約を結ぶ際のリスク選定や評価のこと)などに活用される医療ビッグデータの提供をしています。例えば、一口に商品開発用の医療ビッグデータの提供といっても、案件ごと、お客様ごとに必要とされるデータは全然違ったりします。同じカテゴリーの商品開発であったとしても、各社ごとの特色や打ち出したい方向性によって、要件定義が多様に変化していくところが、今の業務の難しいところでもあり、楽しいところでもあります。

お客さまからご依頼を頂いた瞬間に、ゴールまでのイメージがつかないことも多いのですが、悩みながらも、先輩方の知恵を借りつつ、ひたすら考えていると必ずゴールが見えてくるところにも、すごくやりがいを感じます。
難しいパズルをみんなで協力して解いていくような楽しさがあります。

今後挑戦してみたいことはどんなことですか

前職からずっと営業担当として活動していますので、今後は視野を広げて、周囲の先輩方や、企画のプロの方々の動きを参考にしながら、新しいデータサービスの企画開発にも挑戦してみたいと思っています。

医療ビッグデータを活用した事業は、今まさに業界のスタンダードが創られていくフェーズにあると思いますし、JMDCは企業文化として、積極的に新しいことに取り組むことに抵抗のない会社だと感じています。この環境をフル活用して、自分にとっても、社会にとっても面白みのあるデータサービスを開発してみたいです。

ユニークなストーリーがあれば教えてください

入社のきっかけになった説明会ですが、Wantedlyから配信されてきた案内メールを開かなければ、参加することもありませんでした。

我が家にはやんちゃな保育園男児が2名おり、ちょうどその日は家族でテーマパークに遊びに行っていたので、メールをチェックするような状況ではなかったのですが、なんとなく気になって、お昼ご飯中の妻子の隙をついて確認したメールが、入社のきっかけになりました(笑)。

少しでもJMDCのことが気になる、という方は、是非お話を聞きに来てみて下さい。きっと、魅力を感じていただけると思います。

f:id:jmdcinc:20200710142402j:plain

JMDCのここが好き!を教えてください

すでにお話ししましたが、いろいろな業界や分野のプロ方々が、気軽に相談できるところにいて、毎日刺激を受けながら一緒に仕事ができる、というのが一番のお気に入りポイントです。

バックグラウンドが全然違う人たちが集まっているからか、経営層の方々の人柄か、どんな人でも当たり前のように、そのままを受け入れる空気感があるところも好きです。
新しいサービスの企画会議などで、ナイスミドルが、ああでもない、こうでもないと、楽しそうに議論している、大人の自由研究がそこら中で行われている、そんなところも好きですね(笑)。

  

インタビューイー:インシュアランス本部所属

 

 

社内イベント:在宅勤務中のコミュニケーション

JMDC出社規制強化中

現在、新型コロナウィルスの影響でほぼ全社員が在宅勤務中です。一部、どうしても出社して勤務せざるを得ない業務に限り、感染防止対策を十分講じた上で出社対応してくれている社員もいます。そんなメンバー達には頭が上がりません&感謝のみです。

在宅勤務になって、通勤時間分の睡眠時間が増えたり、家族と過ごす時間が増えたことは良いのですが、4月入社のJMDCにとって初の新卒社員たちも、在宅勤務スタートで会えないし、みんなに会えないのはやはり寂しいです。

そんな寂しさを解消すべく、この期間にJMDCではコミュニケーションをこのようにとってみました!

オンライン飲み会

社長・松島も参加(画面左上です!)。

とにかくみんなワイワイガヤガヤ。それぞれが勝手に話しているので、会話のキャッチボールが全く成り立たっていないのに、それがまた面白くてゲラゲラ。

f:id:jmdcinc:20200423172652p:plain

少し経つと協力体制が出来てきたのか、会話が成立ときも出てきて、新卒メンバーも一緒に乾杯できました!

一緒に参加した子供達は、「社長さんはどこー?」とか、「これは●●レンジャー!」と言ってたり、普段見ることが出来ない両親の仕事仲間にも会えて楽しそうでした。

f:id:jmdcinc:20200423172907p:plain

 

アナザーデスク紹介

「アナザーデスク」と題して、どんなところで仕事しているのか共有しました。

お子様のデスクを占領している社員。基地間があっていいですね。

f:id:jmdcinc:20200423172706j:plain

ダイニングテーブルを占拠しているケース。たまに猫ちゃんからアタックを受けたりするらしいです。

f:id:jmdcinc:20200423172719j:plain

 

会長・木村はオンラインMtg中はワイフにこんなボードを向けているそうです。

なんだかおしゃれ!

f:id:jmdcinc:20200423172722j:plain

 

 

運動不足解消

在宅勤務中の運動不足対策企画として「5分ですっきり!簡単エクササイズ」をオンライン放映しました。

今回の出演者は、役員・本間 with お子様。

 

f:id:jmdcinc:20200423172643j:plain

 

「パパ何してるんだ?」というお子様の目線がたまらなくかわいくて癒されました。

f:id:jmdcinc:20200423172647j:plain

 

 

いつまで続くか分からない現況で、医療従事者の方々も本当に大変ですし、経済もどうなっちゃう?と心配が尽きませんが、長期化しないことを祈るばかりです。

 

 

社員インタビュー:フロントエンドエンジニア

f:id:jmdcinc:20200306105506j:plain

JMDCに入社したきっかけを教えて下さい

前職では携帯キャリアの在庫管理システムに携わっていましたが、漠然と人間が生きていくベースである”健康”や”食事”といった部分にはずっと興味があり、いつか携わりたいと思っていました。そう考えている中で、JMDCの「Pep Up」というサービスを知り、自分でも使ってみたい、欲しいな、と思えるサービスであったところが入社の決め手になったと思います。入社前に、現部署のスタッフから社内の雰囲気や業務内容について話を聞くことができたので、会社のイメージも持てましたし、この会社だったら自分のやりたいこととマッチしていそうだと思えました。

入社してみて良かったことを教えてください

JMDCでは、パフォーマンスやユーザーの使用感・DX(Developer Experience)の向上など、メリットが期待できる場合には新しい技術でも積極的に使おうとする姿勢があり、色々と挑戦でき、やりがいを感じられる点です。前職では、規模が大きく運用メインの開発だったこともあり、決まった技術・フローでの開発だったため、より強く感じます。

業務内容、面白み、やりがいを教えてください

健康維持・健康増進のための「Pep Up」というアプリのフロントエンドの開発に携わっています。このアプリをユーザーがより自然に使えるようにするために、また、継続して使ってもらうためにはどうしたら良いか、ということを考えながらユーザー目線に立った開発を心がけています。

面白みとしては、実際にユーザーが見ている画面を開発しているので、少しの改修で目に見えて使いやすさが向上していくのはいいですね。

また、直感的に利用できることがシステムとして大切だと考えていますが、これが面白いところでもあり難しいところでもあります。一口に「使いやすさ」と言っても、スマホから利用するエンドユーザー様と、会社の業務としてPCから利用することが多い導入企業(健康保険組合)様とでは、使いやすさの定義や考え方が異なります。加えて、自分が考える「使いやすさ」とユーザー側が求める「使いやすさ」にはズレがあります。そのズレを否定するのではなく、常にユーザー目線に立ちながら開発をしていきたいですね。さらに、ユーザーの要望を言葉通りに捉えるだけだと、出来上がってみたら使われない、思っていたものと違う、ということがあります。ユーザーの表面的な要望だけでなく、そもそも本当に必要な要件は何か、といったすり合わせの作業も大切にしながら、サービスの開発に努めていきたいですね。

 

f:id:jmdcinc:20200306105513j:plain

今後挑戦してみたいことはどんなことですか

ユーザーがより使いたいと思えるサービスの開発を目指すとともに、健康保険組合様にとっても、医療費の削減に繋がるような施策をよりスピーディーにやっていければなと思います。

また、どのようなサービスにしていけばユーザーの生活の一部に組み込んでいけるかを考えながら開発を進めていきたいです。

 

JMDCのここが好き!を教えてください

比較的自由にできる社風は好きですね。最近、お昼ご飯を早めに済ませ、ジムで20分ほど走ることを始めました。そのお陰か体が軽くなっているような気がします(笑)。もちろん自分のやるべきことや責任をしっかり果たした上でのことですが、仕事のモチベーションアップにも繋がっています。

  

インタビューイー:ペップアップ部所属

 

 

Copyright © JMDC Inc. All Rights Reserved.