社員インタビュー:新規事業企画職

 

f:id:jmdcinc:20191016114836j:plain

JMDCに入社を決めた理由を教えて下さい

私、研究と伝えることが好きなんだと思います。

1社目の臨床検査薬の研究開発職時代に、中学校で実験科学教室を担当したことがありました。その際、子供たちに実験を通じて未知のこと明らかにする楽しさや、その実験が薬の開発にどのように役立つのかを伝えたことがきっかけで、研究の魅力を伝える楽しさに目覚めました。その後科学館に転職して、科学コミュニケーター(未来のために科学技術をどう使うか来館者と議論する場をつくる仕事)を経験したことで、医療分野の課題解決に向けた社会の仕組みづくりをしたいという思いが強くなりました。その後、健康サポート薬局向けの生活習慣改善プログラム雑誌の企画~執筆等の情報を発信する業務にしばらく携わり、転職先を探していたところ、JMDCのことを知りました。 ビッグデータの企業は多くありますが、その中でもJMDCは最大級の医療ビッグデータ保有しており、製薬などの産業界、アカデミア、自治体など様々な業界と関連し、医療社会へのインパクトが大きいことを感じました。さらに、「健康年齢」など一般の方が理解しやすい指標を出していることも好印象でした。あと、面接時に「一緒に働くメンバーに女性がいるよ」と教えてもらい、彼女から話を聞けたことにより、ここで仕事をしているイメージがつきやすくなったことも決め手だったかもしれません。

JMDCに入社してみていかがでしたか?

フレックス制度によって、自分の体調や生活リズムに合わせて仕事ができ、とてもありがたいです。毎日何時までに出勤しないといけないというストレスからは解放されました。また、私の所属する事業開発部は個性豊かで、和気あいあいとしています。会社としてクラブ活動やイベントも頻繁にあるので、グループを超えて交流ができるのもとても楽しいです。

一見強面の社長がイベント時には、みんなにいじられキャラになることが入社後の驚きでした(笑)。

 

今、どんな業務をやっていますか?

クリニックの診療の質を見える化をするアプリケーション「ぷらさぽ®」の企画開発、顧客向け診療の質指標(Quality Indicator;以下QI)および経営指標のレポート作成、日本の医療実態を伝えるメルマガ作成、顧客訪問サポート、営業、学会展示の作成、広告チラシ作成、など幅広くやっています。システム系以外は何でもやります。

医師は一人ひとりの患者さんに向き合っていますが、クリニック全体の診療の質はほとんど把握できていないのが現状です。それは、院内データを集計することは煩雑で時間がかかる作業だからです。ぷらさぽ®は院内データを連結して様々な条件で集計し、診療の質を数値として把握できるQIレポートをクリニックへ提供しています。QIの例としては、「糖尿病患者でHbA1cを7.0%未満に管理できている患者割合」などの慢性疾患の指標や、「多剤併用状況」や「風邪患者における抗菌薬の処方割合」など、社会的関心の高いテーマの指標などがあります。

また、自院のQIと、ぷらさぽ®を導入している施設全体のQIを比較することもできます。ただし、患者の検査値などは通院している患者の背景や疾患、服薬状況、生活習慣などの影響を受けるため、あくまでも参考値として提示しています。

まずは自院の課題が見えること。そして課題改善への行動が生まれ、より良い医療として患者へ還元されることが理想です。実際に診療が改善へ向かうためには、“より臨床に合った、医師の感情が動くQI”を作ることが大事だと思っています。ぷらさぽ®を利用しているクリニックの医師が自院のQIレポートを見て、自院の課題を認識する言葉を口にしたり、自院の診療の質が良いことが分かり、とても喜ぶなど医師の感情が動いたとき私はとてもやりがいを感じます。そして、医師とディスカッションして患者へ還元できる新たなアイデアに行きついたときにとてもわくわくしますね。

f:id:jmdcinc:20191016114845j:plain

今後どんなことをやっていきたいですか?

どんな条件で集計し、どう補正をすればフェアで納得感のあるQIとなるか、医療従事者や患者、企業を巻き込み議論できる場を作りたいです。そのためには、情報発信を積極的に行って、診療の質を見える化するムーブメントを医療業界に起こしていきたいです。

また、個人的に楽しみにしていることは、漢方医学統計学的な根拠データを作ることです。現在は病名に対して漢方薬が処方されていることが多いですが、本来は、“個人の体質”に対して処方される薬です。1~2年後に国内で施行されるICD11には、新たに漢方医学の体質表現(気虚血虚など)が追加され、“個人の体質”と漢方薬を関連させて集計できるようになります。そのため、今まで難しいと言われていた体質による漢方薬の効果を証明されるかもしれません。科学的根拠に基づく医療がベースとなっている現代の医療に、より漢方薬を取り入れやすくなる未来が来るのではないかと思います。

 

インタビューイー:事業開発部所属

株式会社JMDCでは一緒に働く仲間を募集しています

 

お知らせ:JMDC出展及びセミナー情報

参加対象者が限定されているものもありますが、JMDCの活動の一部として直近予定している出展及びセミナー情報をお知らせします。

Health Weather「ぜんそくリスク予報」の出展(11/4)

「こうとう子育てメッセ2019」でHealth Weather(*1)のサービスの一つ、「ぜんそくリスク予報」を、ご紹介いたします。

f:id:jmdcinc:20191023192415p:plain

 ■こうとう子育てメッセ2019
開催日時:11月4日(月・祝)10:00~15:30(予定) 
会場:江東区総合区民センター
入場無料
URL:https://koto-kosodate.com/messe/

f:id:jmdcinc:20191023191858p:plain

*1:

「Health Weather®」は、JMDCが展開している「医療統計データサービス」(約300万人分)の情報に、日本気象協会保有する過去60年以上の気象データを掛け合わせ、気象と疾患の相関関係を統計解析にて解明し、さまざまな疾患の発症・重症化リスクに関する情報を提供するサービスです。一連のサービスを通して、サービス利用者の健康への意識向上や行動変容を促し、健康社会の実現を目指します。

URL:https://healthweather.jp/

 

製薬企業向けセミナー(大阪:11/13、東京:11/27)

特設サイトよりお申込み受付中

リアルワールドデータの活用が広がっている現在、質の高いリアルワールドデータ研究をどのように行っているのか?5名のスピーカーに依る貴重な事例解説をいたします。

■大阪

開催日時:11月13日(水) 14:00~16:20(予定)、~18:30懇親会
開催会場:グランフロント大阪タワー Cカンファレンスルーム

■東京

開催日時:11月27日(水) 14:00~17:00(予定)、~19:00懇親会
開催会場:フクラシア品川クリスタル スクエア

 

保険者(健康保険組合)向けセミナー(東京:11/18、大阪:11/19)

 特設サイトよりお申込み受付中

第二期データヘルス計画がはじまり2020年度には中間見直しが入ります。現在多くの保険者にとって課題となっている保健指導をテーマとして実施率だけではなく、本質的な改善を後押しするJMDC保健指導サービスをご紹介します。

■東京

開催日時:11月18(月) 15:00~17:00(予定)
開催会場:TKPガーデンシティPREMIUM京橋 ホール22A

■大阪

開催日時:11月19日(火) 15:00~17:00(予定)
開催会場:TKPガーデンシティ新大阪 バンケット6B

 

会長・木村の講演(慶応義塾大学:10/17、滋賀大学:11/8)

次世代育成のためにも活動しています。

 「医療・ヘルスケアが直面する課題、データ環境とデータ特性、および活用について」

開催日時:10月17日(木)
会場:慶應義塾大学 環境情報学
ゲストスピーカー

 第66回データサイエンスセミナー:「 医療・ヘルスケアにおけるリアルワールドデータの世界について」

開催日時:11月8日(金)
開催会場:滋賀大学 データサイエンス学部

 

お知らせ:会社・事業説明会を開催します

f:id:jmdcinc:20191024215923p:plain

JMDCにちょっとでも興味がある方!ぜひ、お越しください!

「実際の業務ってどんなことをしているの?」
「この会社で働いている人はどんな人がいるの?」
など、現場のエンジニアや営業とざっくばらんに交流をしていただき、JMDCへの理解を深めていただける場にしたいと願っています。おいしい軽食とビール(ソフトドリンクも)をご用意しています。ご参加お待ちしております。

参加登録方法

こちらよりご登録ください。

https://hrmos.co/pages/jmdc/jobs/co-20191120/apply


※参加費無料です。
※途中参加・途中退室も可能です。
※応募者多数の場合は、ご参加をお断りする場合がございます。前日までにメールにてご案内しております。

開催概要

日時:2019年11月20日(水)
時間:19:00~20:45 (受付開始:18:45)
対象者:JMDCにちょっとでも興味がある方
場所:株式会社JMDC
   東京都港区芝大門2-5-5 住友芝大門ビル10F

【アクセス】
JR 浜松町駅 徒歩6分
都営 大門駅 徒歩2分
東京メトロ 芝公園駅 徒歩

当日のスケジュール

時間  コンテンツ
18:45 開場
19:00 各種ご案内
19:05 乾杯&挨拶
19:10 JMDCキーパーソンの自己紹介
19:20 会社説明(ビジョンや事業内容)
19:40 求人説明
20:00 懇親会
20:45 終了

参加者のプロフィール(一部)

松本 孝 (執行役員CHRO)

大学卒業後は、日本IBMにて、社内の業務システムの開発・保守を担当。2005年に戦略コンサルティングファーム(BCG)に入社。様々なプロジェクトを経験しつつも、最後は、テクノロジー領域のコアメンバーとして、プロジェクトを推進。2018年11月より、JMDCの執行役員 DWH部 部長として、参画。2019年7月よりCHROとして、人事領域も担当。

 

小森谷 一生 (エンジニア)

営業職やSIerを経てWeb系エンジニアへ。livedoorGreeでは大規模コンシューマ向けサービスの中で基盤開発から事業KPIの推進など幅広い業務を担当。プレイングマネージャーとして10人規模のエンジニアチームのマネジメント。 Metapsではスマートフォン向けのアドテクプラットフォームやマーケティング解析ツールの開発に従事。現在はCEO直下で開発とビジネス両方の視点で、組織横断で様々なプロジェクトで開発中。

 

中井 彦一郎(エンジニア)

大学院在学中に起業し自社サービスや受託開発の開発リードを3年ほど経験した後、転職。GREESNSやPlatform事業に携わり、通知の国際化、開発チームのマネージャーとして新規API開発の推進、アプリ開発基盤のマネジメントや新卒エンジニア教育を経験。その後、数社で新サービスの開発に携わり、現在はJMDCの主要プロダクトの1つ "Pep Up" のEngineering Managerを担当。

 

鈴木 輝(医師・ビジネス職)

医学部を卒業後4年間、総合病院の感染症・総合内科医として臨床に従事。2014年によりコンサルティングファーム(BCG)に入社。インターネット事業、消費財など幅広い業種でプロジェクトを経験し、その後、製薬企業、医療機関などのヘルスケア領域のプロジェクトを担当。コンサルティングファーム在職中にクリンタル創業者の杉田と出会い、「全ての患者によりよい医療を」という事業への思い、社会的意義に共感し、2018年にclintalに参画。2019年よりJMDCの一事業部として合併し、clintalのサービス運営、開発及びJMDCの既存事業との連携を推進。

 

穴吹 楓(ビジネス職)

エンジニアとしてECU通信制御ソフトウェア構築を経験した後、病院経営改善のコンサルティングファームで地方の赤字病院の再生プロジェクトに従事。2015年よりJMDCに参画し、現在は製薬向けのコンサルティング営業チームのマネージャーとして主に外資系や海外顧客を担当。

★前回の開催の様子はこちら↓

お知らせ:ブリヂストン健保様「Pep Up導入」

JMDCのプロダクトである「Pep Up」がブリヂストン健康保険組合様に導入されました。

株式会社ブリヂストン様は、健康経営を強化している企業の1つです。今回、ブリヂストン健康保険組合様では、加入者の健康増進の取り組みの一環として、健康を維持・改善するための「Pep Up (ペップアップ)」を導入いただきました。

以下のようなPep Up機能を活用して、楽しみながら従業員やそのご家族の健康意識を高め、働きやすく快適な職場の整備に取り組んでいらっしゃいます。

  • 健康年齢の確認
    健康状態を年齢で表すことにより、自身の健康状態を知る
  • 健康イベント
    健保が主催しているイベントへの参加
  • ポイントプログラム
    イベントに参加や配信されるニュースを読むことでポイントがたまり、商品と交換できる

 

今回の導入に際し、ブリヂストン健康保険組合様よりポイントを伺いました。

個人向けポータルサイトの導入の目的と狙いは何でしょうか

  1. 情報提供手段の多様化
  2. 通知類のペーパレス化
  3. インセンティブ付与による健康無関心層へのアプローチ

多くのポータルサイトからPep Upをご選定いただいた理由を教えてください

  1. データ分析に強みのある会社であること
  2. 情報提供ツールとして、今後機能の拡大が期待できること
  3. 健康年齢など分かりやすい指標が用いられていること

 

JMDCは、導入いただいた健保様の期待に沿えるよう、さらなる機能の充実を図り、健康で豊かな人生のお手伝いができるサービスをこれからも提供してまいります。

 

www.bridgestone.co.jp

社員インタビュー:2020年度新卒内定者浅井さん

2002年に創業したJMDCは、2020年4月に第1期生となる新卒が入社してきます。

「多くの選択肢の中からJMDCに決めたポイントやこれからの抱負」を3回(3人)シリーズでお届けしていきます。今&これから就職活動する学生さんたちにも読んで欲しいとの思いで書いてくれています。

トップバッターはYAさん。

f:id:jmdcinc:20191017123700j:plain

自己紹介をどうぞ!

学生時代、学校の勉強は量子力学、部活動はヨット、インターンSEOコンサルを行なってきました。

量子力学では、物理の不思議な現象だけでなく、確率・統計の面白さも学びました。JMDCに決めた一つのキッカケになっています。

ヨットでは、江ノ島で活動しており、海を満喫していました!学生の時にしか味わえないようなシーライフを送っていました(笑)。

インターンでは、会社が自分に合わず凄い苦労しました。就活の際に、自分に合う企業を探すことを念頭におくキッカケになりました(JMDCは自分に合う会社だと確信しています!)。

主にこれら3つのことを行っていましたが、とても良い経験をしてきたと感じています!

初めての就職先をJMDCに決めた理由を教えて下さい

私が入社した理由としては、大きく2つあります。

1つ目は、「様々な職種を経験した方が集まる」からです。私は会社に入って、多くの知見を得たいと考えています。そのため、コンサル・医療関係者・データサイエンティスト・営業など、多様なバックグラウンドを持つ方がいるJMDCが良いなと考えました。

2つ目は、「予防医療に興味があった」からです。予防医療ですと病気を治療するより簡単で、より多くの人を救うことができます。私は健康な時間をより簡単により長く提供できる、この予防医療にとても魅力を感じ入社しました。

入社することを決めてからいかがですか?

入社理由にもあった通り、様々な業界のバックグラウンドを持った方のお話を伺えるのはとても良い環境です。このことで、物事を多面的に見ることができています。例えば、コンサル出身の方からはビジネスの大枠について、データサイエンスの方からはデータの活かし方について、医療関係者の方からは医療の現場についての話を伺えます

他にも、営業・マーケティング・エンジニア・デザイナーなどの業界の方からお話を伺えています。このように、様々な業界の方から話を伺えて、とても良い刺激になっています。

2020年4月からどんなことをやっていきたいですか?

データの用途を広げていきたいなと考えています。現在データは主に健保・生保・製薬の方に使っていただいています。これらの方だけでなく、食品や医療機器など他の様々な業界の方に使っていだたけると、より多くの方に健康でいられる時間を提供できると考えています。特に食品は、「特定の食品のみ食べ続けるダイエット」など、効果や根拠が嘘か本当かわからないような情報が出回っているため、JMDCのデータを使って科学的に正しい情報をみなさんに届けることができると考えています。

f:id:jmdcinc:20191017123655j:plain

これから就職先を決める学生さんに伝えたいことをどうぞ!

JMDCは「多様なバックグラウンドを持った人」「成長していく魅力的な事業」「手を挙げればチャレンジできる環境」など、個人が成長できる環境が整っています。「会社の雰囲気」「事業の魅力」などを感じてみたい方は、ぜひ会社説明会に足を運んでみてください。

 

インタビューイー:2020年度新卒内定者

株式会社JMDCの会社紹介はこちらをご覧ください。

 

 

社内イベント:新卒第1期生の内定式レポート

JMDC初!!!新卒内定式

10月10日(木)、JMDCの新卒第1期生の内定式が開催されました!

半期に1度の全社会議のメインイベントとしての開催だったので、全社員出席での賑やかな内定式となりました。

 

f:id:jmdcinc:20191011175033j:plain

 

JMDCのコーポレートカラーであるグリーンのお洋服で登場してくれ、それぞれが自己紹介をしました。(このお洋服は先日、インターンで来社した際に3人で何を着るか決めて、銀座で調達してきてくれたのです。それぞれに個性も出しているところがまた良いですね!)

 

数学好きなYさん。

f:id:jmdcinc:20191011175251j:plain

実はひょうきんなんです!とTさん。

f:id:jmdcinc:20191011175046j:plain

散歩が好きで京都まで歩いたこともあるKさん。

f:id:jmdcinc:20191011175053j:plain

CEO・松島から内定証書と新卒を迎えるに際しての思いや期待の言葉を送りました。

社員数200人を超えていますが、これまで100%中途採用だった弊社。新しい風を吹かせる彼らの影響で、既存社員のモチベーションもさらにUPして、より一層楽しい会社になりそうです。

懇親会スタート

内定式を無事に終えて、懇親会開始。

皆でカンパーイ!

f:id:jmdcinc:20191011175107j:plain

おいしいお料理もいっぱい。 f:id:jmdcinc:20191011175121j:plain

f:id:jmdcinc:20191011175135j:plain

緊張も解けたかな。内定式より表情が柔らかくなってますね!

f:id:jmdcinc:20191011175210j:plain

さて、そろそいつも盛り上がるゲームの開始?!

f:id:jmdcinc:20191011175141j:plain

 

いえいえ、今回は初めての(ほぼ)全員集合写真にチャレンジ!

新卒3名を囲んで、ハイチーズ!

(テレ屋さんもいるので少し画像はぼかしています。)

f:id:jmdcinc:20191011175153j:plain

やる気と希望いっぱいの内定者 を見ていると、初心に帰って前向きな気持ちになりました。

残りあと5か月の学生生活を思いっきり楽しんできてください!

  

 

最後に3人から寄せられた感想をご紹介します。

Yさん

僕は二次会(懇親会の後に開催)まで参加させていただきましたが、会社の雰囲気がわかってとても良い機会でした!

 

Tさん

全社会議や懇親会を通じて、来年から働くことがますます楽しみになりました!
まずは、会社を理解することと、インターンに全力で取り組みます。

 

Kさん

お話しする社員さんの方も皆さんフレンドリーで、また少し会社のイメージも変わりました。

 

お知らせ:自社プロダクト「健康年齢」がグッドデザイン賞2019を受賞しました

JMDCのキラープロダクトの1つである「健康年齢レポート」が掲題の通り大変光栄な賞を頂きました!(パチパチパチパチ)

 今回は、健康年齢グループを率いるポピュレーションヘルスマネジメント部副部長からこの喜びをお伝えしていただきます。

健康年齢レポートって何?

その名の通り、このプロダクトは個人に対して健康年齢をお伝えする情報レポートです。では、健康年齢とは何でしょうか?健康年齢はJMDCが独自に開発した健康指標であり、健診や人間ドックの結果を分かりやすく年齢で表します。実年齢より健康年齢が高かったら悪く、実年齢より若かったら良いという指標です。

その計算ロジックは下記の通りとなりますが、単純に年齢別の健診値の平均から計算している訳ではありません。健診結果と医療費の関係に着目している点がミソです。この計算ロジックは民間で最大級の医療データベースを保有しており、かつ高度なデータ解析能力のあるJMDCだからこそ開発することができた指標であると自負しております。

f:id:jmdcinc:20191009183310p:plain

どこで手に入るの?

最も多く流通しているのが健康保険組合です。JMDCとご契約頂いている健保の加入者さまに対し、Pep Up(ペップアップ) というアプリを介してレポートを配信しています。また、国民健康保険・共済組合の加入者さま、人間ドック・健診センターの受診者さまなどにも紙のレポートを提供しています。

また、健康年齢はWebAPIとしても提供しているので、保険会社のWebサービスをはじめ、他社さまのヘルスケアサービスの中に組込んで頂くという提供方法もあります。(例 沖縄セルラー電話株式会社 JOTOホームドクター)

f:id:jmdcinc:20191009182832j:plain

現在、健康年齢のユーザは約100万人おり、より一層拡大中です。ユーザアンケートでは、健康年齢レポートの提供により60%の方々が意識/行動変容があったと回答しています。この高い意識/行動変容効果を武器に更にユーザを増やしたいと考えています。

なぜグッドデザイン賞へ応募したか?

JMDCは基本的に医療データを解析する企業ですので、プロダクトを作るためのパーツのほとんどがデータ、つまり無形となります。無形であるデータをどのように伝達するかが鍵となりますが、健康年齢レポートは一般の健診・人間ドック受診者をターゲットに、健診結果を年齢というインパクトの大きい形態に変換することで健康への気付きを与えています。

不特定多数が閲覧するレポートである以上、ビジュアルにこだわるのはもちろんですが、このレポートにおける健康情報の伝達コンセプトが情報デザインとして大きな価値を持っている点に着目し、グッドデザイン賞への応募に至りました。

展示品のサンプルとしては紙に印刷したレポートを提供していますが、レポートの価値はそのビジュアルデザインというより、健診結果が悪くても無視しがちな方に対してインパクトのある指標で心を揺さぶる点や、JMDCのビッグデータを使って同世代の平均との比較をしている点の方が大きいと考えています。

優れた意匠のプロダクトが多く出品される中、情報デザイン系プロダクトとしての応募は大きなチャレンジでしたが、見事に受賞できたのは本当に嬉しい限りです。応募した本人(ポピュレーションヘルスマネジメント部副部長)は、実はラグビー日本代表と同様、勝利を確信していました。

f:id:jmdcinc:20191009184324p:plain

今後のJMDCのプロダクト

JMDCには健康年齢の他にも、ヘルスケアプラットフォームであるPepUpや健康相談チャットアプリClintalなどの健康増進や行動変容を目的としたプロダクトがあります。健康増進・行動変容には伝える力がとても重要です。洗練された意匠のみならず、健康情報を伝達するタイミング・表現方法など、健康増進・行動変容効果を高めるUXを追求していきたいと考えております!

 

kenko-nenrei.jp

 

Copyright © JMDC Inc. All Rights Reserved.